芸能

戸田恵梨香はハンサムウーマン 女性視聴者が『ハコヅメ』を支持する理由

2020年12月に戸田恵梨香と松坂桃李が入籍を発表(時事通信フォト)

話題作に次々出演(時事通信フォト)

 キャスティングされた段階で作品性が担保される貴重な役者の一人と言えるのではないだろうか。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、戸田恵梨香について考察した。

 * * *
 1日に何気なく目にするテレビCMの本数は数えきれません。大半は格別意識に上らないし覚えてもいない。「潜在意識に働きかけている」説もあるが本当かどうか。中にはCMそのものが「うるさい」「うざい」「汚い」とネガティブ面ばかり気になり、商品まで嫌いになってしまうこともある。

 大量に流れているCMの中で、しかし意図せず記憶に「残ってしまう」CMもあります。

 私にとっては戸田恵梨香さんのビジネスパーソン姿です。「私たちにお手伝いさせていただけませんか」とプレゼンする戸田さん。夜のニュース番組の時間帯等でよく見かける佐川急便のCMですが、内容というよりも戸田さんの凜とした姿・形に目が吸い寄せられてしまう。条件反射のように画面を見てしまう。惚れ惚れしながら。

「そのお悩み、お応えできます」

「この人なら大丈夫」と思わせる信頼感、バリキャリでありつつ冷たくなく、器の大きそうな人に見える。「胸がすく」という言葉がぴったりで、たった15秒未満という短い間に複数のことを感じさせるから不思議。

 そんな戸田さんのハンサムウーマン力の秘密を、今放送中のドラマが解き明かしてくれています。

『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系 水曜午後10時)は戸田恵梨香と永野芽郁のW主演で、ドラマの舞台は交番。刑事課の元エース藤聖子(戸田恵梨香)と後輩の新人警察官・川合麻依(永野芽郁)の2人が事件、社会の出来事、日々の雑務から恋愛まで奮闘する姿を描き出す。

 戸田さんが演じる藤聖子は警察学校を首席で卒業し、サバサバしていて忖度なしでハッキリものを言う。一般市民には丁寧に対面し、プライベートでは寂しがり屋で、後輩に対して愛情がある。

 一方、永野さん演じる川合麻依は、新任で仕事に迷い、純粋だがかなりの天然。流行や恋愛に疎い。凸凹コンビがバディを組むというのは、刑事ドラマでは定番的設定です。

 藤は口数は多くないが、語らせると実にキレ味がある。

「制服を着ている時は、警官の面構えでいろ」と後輩・川合に言う。ひよっ子の川合は「藤さんならこんな時どうするだろうか」と迷いながら考え、難しい局面を切り抜けながらたくましく育っていく。

 藤はいわば「ロールモデル」です。「ああいうふうになりたい」「あんな生き方をしてみたい」と思わせる存在。女だからできないという意識を次々にひっくり返す姿もカッコ良くて女が惚れる女性リーダー像。そう、CMの中の戸田さんのように。

関連キーワード

関連記事

トピックス