芸能

「美代ちゃんはここにいて」浅田美代子に向けた樹木希林さん最後の言葉

樹木希林さんの思い

樹木希林さんが浅田に残した最後の言葉とは(写真/Getty Images)

 樹木希林さん(享年75)が亡くなって以降、彼女に関する書籍が各社から刊行され、大きな話題を呼んできた。しかし編集者からの執筆オファーを断わり続けてきた人物がいる。誰よりも多く樹木さんとの時間を過ごしてきた浅田美代子(65才)だ。あれから3年、「まだ完全に受け止めることはできない」としつつも、樹木さんとの時を振り返ると決めた浅田がついに筆をとった──。

 9月15日、樹木さんが亡くなって3年目の命日に、浅田が書籍『ひとりじめ』(文藝春秋刊)を上梓する。綴られているのはこれまでの浅田の半生と、樹木さんとの思い出の日々だ。

 *
 世代を超えて関係を紡いでいた2人だが、7年間という疎遠になっていた時期がある。それは浅田が結婚していた期間だった。

《たぶん、芸能界の風のようなものを私に匂わせたくなかったのだろう。結婚するときも私の背中を押して、たくさんの力をくれたけれど、希林さんは直感がずば抜けて鋭いところがあるから、いつか私の結婚が綻んでしまう可能性があることも、当時から予感していたのかもしれない。それでも、私が選んだ道を応援してくれる人なのだ》(『ひとりじめ』より。以下同)

 浅田が選んだ道とは、21才での吉田拓郎(75才)との結婚だった。ラジオでの共演がきっかけで、19才の誕生日から交際が始まり、それが報道されるとすぐに樹木さんと内田裕也さん(享年79)から、吉田に会いたいという電話があった。そして実際に、夫婦で吉田が通っていたバーに乗り込んで、真剣に交際しているのかと直接切り込んだ。結果、吉田から真摯な答えを得た樹木さん夫婦は浅田の恋を応援するに至ったというわけだ。

 当時、プロポーズを受けるか浅田は悩んでいた。吉田が芸能界からの引退を条件にしていたことに加え、浅田の両親が、箱入り娘が若くしてミュージシャンに嫁ぐことを猛反対していたからだ。

 救いの手を差し伸べたのは樹木さんだった。浅田の実家を訪れると、彼女の母親をこう説得したのだ。

《「お母さん、心配なのはわかります。でも、結婚は本人の自由ですよね」》

 あまりにストレートな物言いが功を奏したのか結婚は許された。

 だが、浅田は7年後に離婚する。

《結婚してみてよかったとも思う。希林さんが結婚前から諭してくれたように、結婚して普通の主婦をしていた経験は、役者としてはもちろん、人間としての私を豊かにしてくれた》

 疎遠になっていた間も樹木さんは、浅田のことを気にかけていた。

 離婚後も浅田はしばらく吉田姓を名乗っていたのだが、樹木さんに反対された思い出をこう述べている。

《浅田美代子よりも吉田美代子の方が、銀行や病院で呼ばれても気づかれないというメリットも感じられた。それから、吉田さんのお母さんには結婚している間、本当に可愛がっていただいて、離婚後も「これからも娘でいてね。吉田の姓でいてね」と言っていただいた》

 しかし、離婚から数年が過ぎると、樹木さんは浅田姓に戻すようにと、強く迫った。

《「吉田の姓を名乗るのはおかしいよ。あちらは再婚したんだしさ(中略)美代ちゃんは、吉田美代子で死ぬの?」》

 この言葉がきっかけとなり、公私ともに浅田美代子を名乗るようになった。

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン