芸能

最終回迎える『ハコヅメ』 働く女子からの共感が相次ぐワケ

好評のうちにいよいよ最終回を迎える『ハコヅメ』(公式サイトより)

好評のうちにいよいよ最終回を迎える『ハコヅメ』(公式サイトより)

 戸田恵梨香(33)と永野芽郁(21)がW主演を務める『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(毎週水曜夜10時~、日本テレビ系)が、視聴者から「共感」の嵐を呼んでいる。

 新人女性警察官の川合麻依(永野芽郁)と捜査一係から交番勤務に異動してきたペア長の藤聖子(戸田恵梨香)の凸凹コンビが主人公のこのドラマ、表向きはさらっと笑えたり、悲しんだりできる何気ないシーンの連続に見えるが、ハッとさせられる気づきもちりばめられている。

 特に、「警察」という男性が多い職場で働く女性が主人公ということもあり、現実世界にもある“男性社会のちょっとした違和感”を巧みに描いていると、映画や演劇などに詳しいライターの折田侑駿氏は話す。

「男性が多い職場にはどうしても、女性が『おや?』と思うような環境があると思うんです。『ハコヅメ』ではそのモヤモヤを描くときに、男性社会で生きる困難さだけを強調してそれを我慢する女性を描くのではなく、『私たち大変なんだよね!』って男性たちに直接伝えたり、主人公コンビ(永野、戸田)で言い合ったりしている様子をコミカルに描いている。そういったところが、女性に響いているのではないか」(折田氏) 

 ネットでも話題を呼んだのは、9月1日放送の第7話で、女性の下着の呼び方を巡って議論が繰り広げられるシーンだ。公然わいせつ事件の詳細を説明する川合に、捜査一係の北条係長(平山祐介)が「犯人が着用していたパンティの特徴は?」と尋ねる。それに対して藤が「ちょっといいですか」と言葉を挟むのだ。そして「“パンティ”という単語を使われることで傷ついたり嫌悪感を抱く女性被害者も少なくないと思われます。どうか“パンティ”をやめて“ショーツ”と呼称の変更をお願いできないでしょうか」と頭を下げる。

「この短いシーンに込められた言葉のバランス感覚には思わずうならされました。単に『社会的によろしくない、女性にとってよろしくないんだ!』と強く訴えるのではなく、あくまで毅然とした態度を取りながらも、上司に淡々と事実を述べていく。そこにこのシーンの妙味があると感じました。“今のこのやりとりの中で性的な意味を含む必要はありますか、ないですよね。男だから女だからではなく、人として、今この業務でその表現は不適切ではないですか”と簡潔に説明している。そういう言葉の引っ掛かりを嫌味なく伝えられるのは、戸田恵梨香さんという俳優の力もあると思います」(折田氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス