芸能

鈴木亮平、救命医からヤクザまで演じる凄み 監督、共演者らが明かす

鈴木亮平の魅力はどこからくるのか(写真/共同通信社)

鈴木亮平の魅力はどこからくるのか(写真/共同通信社)

「なんもかんも、ぶっ壊れりゃあええんじゃい!」。ドスの利いた広島弁をまくし立てながら、カタギも親分も見境なし。アイスピックを頭に突き刺し、目玉を抉り取り、生きたまま火をつける、暴虐と殺戮の限りを尽くすヤクザの組長──公開中の映画『孤狼の血 LEVEL2』の鈴木亮平(38)に観客が騒然としている。

 鈴木と言えば、7月クールのドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)で患者の治療に命をかけるまっすぐな救急救命医を演じたばかり。9月12日の最終回では妹の命を奪った宿敵まで救う、どこまでも愚直な姿勢が視聴者の胸を打ち、平均視聴率19.5%を記録した。

〈勇気、希望、元気、全てをもらった〉
〈映画化を希望します〉

 放送終了後、SNSには視聴者の絶賛コメントが溢れた。鈴木はその裏で、銀幕に焼き付くほどの血まみれの狂気を見せているのだ。

「心の底から絶叫した」

「すごい振り幅ですよね」

 そう言って笑うのは、『孤狼の血』シリーズでメガホンを取る白石和彌監督(46)。広島県を舞台に暴力団と警察の血みどろの戦いを描いた同作で、ヤクザの組長・上林成浩を演じた鈴木の役作りに驚かされたという。

「とにかく役の入れ込みを始めるのが早い。方言のある台本の場合、2か月前くらいに方言のテープを作って役者さんに渡すのが通例です。上林は広島弁ですが、亮平君は撮影に入る半年前には台本に書いてある広島弁は全てマスターしていた。

 もう一つ驚いたのは、作中に出てこない、前作で殺された親分と上林の関係性を考察し、“こうですか”と直接問い合わせてくれたこと。親分と出会ってから今に至るまでの極めて細かい設定を、彼なりに作り上げているんです。私自身はそこまで深く設定を考えていたわけではなかったので、亮平君のおかげで上林の狂気に深みが出ました。

 劇中で坊主にする時も、“やります”と即答。次の仕事は大丈夫かと聞くと、“なんとかしますよ”とニヤリと笑うんです。頭が下がりますよ」

 劇中で鈴木に惨殺されるピアノ講師を演じた筧美和子(27)は、目の当たりにした彼の演技についてこう話す。

「どんな痛みがあるのか、体はどのようにこわばり、震え、どんな声で叫び声をあげるのか、撮影前は頭の中で何度も何度もシミュレーションをしました。そうして臨んだ本番だったのですが、想像以上に恐ろしい鈴木さんの言葉、表情、そして目に見えない殺気を感じ、心の底から沸き上がった絶叫でした。

 鈴木さんに呼応するように私の苦しみもリアルなものになったと思います。鈴木さんの本気の芝居が共演者の芝居のレベルすら上げてしまう。得がたい体験をさせていただきました。

 でもカメラがないところでは本当に優しくて常に気遣ってくださいました。私もこんな役者になりたいと思わされました」

関連記事

トピックス