• TOP
  • 国際情報
  • LAポリスYURI氏が語る、米国での「警察憎悪」と日本の警察との違い

国際情報

2021.10.01 07:00  週刊ポスト

LAポリスYURI氏が語る、米国での「警察憎悪」と日本の警察との違い

34歳でついに現地の警察学校(ポリスアカデミー)に入学

34歳でついに現地の警察学校(ポリスアカデミー)に入学

 命がけの激務をこなすYURI氏だが、「仕事は楽しいから大好き。気晴らしは、日本酒を飲んでカラオケをすることですね」と笑みを浮かべる。

「トレーニングを積んでいるので恐怖心はありません。この先は警察官を続けながら、ライフワークである人身売買根絶のNPOを立ち上げたい。警察官やNPOの活動を通じて、自分で自分を守ることのできない人を守ってあげたいんです」

 早朝5時のLA、今日も彼女は弱い人たちを守るために動き始める。

※週刊ポスト2021年10月8日号

関連記事

トピックス