• TOP
  • 国際情報
  • 韓国で「ベトナム民間人虐殺」裁判が大詰め 証言者に危険迫る懸念も

国際情報

2021.10.01 07:00  NEWSポストセブン

韓国で「ベトナム民間人虐殺」裁判が大詰め 証言者に危険迫る懸念も

ベトナムでの行為とは(写真/AP/AFLO)

ベトナムでの行為とは(写真はベトナム人女性に身体検査をする韓国軍。AP/AFLO)

 ベトナム戦争に派遣された韓国軍による「民間人虐殺」の問題が、新たな展開を見せている。生き残ったベトナム人被害者が韓国政府を相手に国家賠償訴訟を起こしていたが、9月にソウル中央地裁はひとりの元韓国軍参戦兵を証人として採択。現地で一体、何が起きていたのかが、法廷で詳らかにされる可能性が高まってきた。実現すれば、司法の場で韓国軍の兵士が自らの所属部隊の「戦争犯罪」を告白するかたちとなる。一方で、証言台に立つ元軍人の身を案じる声もある。

 1964~73年の10年間で、延べ32万人の兵士をベトナムに派遣した韓国軍による非人道的行為は、米国や韓国の民間団体による調査などが行なわれ、虐殺された民間人は9000人以上と推定されている(3万人以上とする説もある)。婦女子に対する性暴行なども多く、死者を含む被害者は30万人超とも言われている。

 その中でも、凄惨を極める事件のひとつとして知られるのが、南ベトナムのクアンナム省フォンニ村・フォンニャット村で発生した民間人虐殺事件だ。冒頭で触れた国家賠償訴訟は、被害者のベトナム人女性、グエン・ティ・タンさんが原告となっている。

 事件の発生は1968年2月12日。同村を通過中の韓国軍海兵隊「青龍部隊」が“ベトコンから攻撃を受けた”ことを口実に村を襲撃。無抵抗の村民70人あまりを次々に殺害した。この事件では、当時7歳だったタンさんらの証言によって、韓国兵が捉えた村民の手足をナイフで切断したり、婦女子や高齢者を集め銃殺後に火を放つなどの残虐行為があったことが明らかになっている。

 原告のタンさんは目の前で母と弟を含む家族5人が殺害され、彼女も銃剣で襲われ瀕死の重傷を負った。一命はとりとめたものの、銃剣で抉られた脇腹には大きな傷跡が残り、今も後遺症に苦しめられている。

 タンさんをサポートする弁護団は、2017年8月から韓国国家情報院(国情院)に対し、ベトナム民間人虐殺に関連する情報公開請求を行なってきた。国情院は詳細な情報の公開を頑なに拒否し続けているが、昨年4月、タンさんが韓国政府を相手取った国家賠償訴訟に踏み切ったことで、潮目が変わる。長年、この問題を追ってきたフォトジャーナリスト、村山康文氏が語る。

「時を同じくして、韓国では(ベトナム民間人虐殺の)真相究明に関する特別法制定の動きが活発化してきた。今年7月、韓国国会で行なわれた法制定のための懇談会には、ベトナム参戦兵のひとりが出席。フォンニ村・フォンニャット村での虐殺行為を詳細に語り、耳目を集めました。この元参戦兵が今度はタン氏が提起した訴訟で証言することになる見通しとなり、さらに注目を集めています」

関連記事

トピックス