芸能

武田玲奈×沖田臥竜対談 ドラマ『ムショぼけ』撮影&挿入歌の秘話

武田はギャルのインフルエンサー役を熱演

武田はギャルのインフルエンサー役を熱演

 元ヤクザ最高幹部という異色の経歴を持つ小説家・沖田臥竜さん(45才)の小説『ムショぼけ』(小学館文庫)が実写化。ドラマ『ムショぼけ』(ABCテレビ・テレビ神奈川)が、10月上旬にスタート。

 同作は、長い刑務所暮らしで、社会と隔離されていた元ヤクザの中年男性、陣内宗介が主人公。出所後に世の中の環境の変化やスピードについていけず戸惑いながらも、家族や仕事仲間、かつての極道の“同僚”たちと怒って笑って、時にヘコんで涙を流す、ヒューマンコメディーだ。今回、ドラマにヒロインのリサ役で出演する清純派女優・武田玲奈(24)と沖田さんの対談が実現。撮影の苦労について語る。(前後編の後編)

 物語の舞台は兵庫県・尼崎。沖田さんの地元でもある。ドラマも全編が尼崎周辺の関西地方で撮影された。その際、沖田さんがロケ地のコーディネートや送迎車の運転手として、撮影に同行したという。

武田:原作者の先生が運転手をしてくださる車で移動するなんて、初体験でした。沖田さんは、人見知りの私にも話しかけてくださって、ありがたかったです。

沖田:とにかく事故らんようにと注意してたから、後部座席にも顔を向けられへんかったよね(笑い)

武田:とても快適な移動でした!

沖田:須磨海岸(神戸市)での撮影では、私たちスタッフは日陰で椅子に座ってたからよかったものの、武田さんはめちゃくちゃ暑いなか、一日中砂浜を走り続けてて、すごい体力やと思いました。

武田:私、夜まで走ってましたね(笑い)。沖田さんは、地元の尼崎でドラマが撮影されているのを、どんなお気持ちでご覧になっていたのですか?

沖田:尼崎といえば、お笑いのダウンタウンの出身地で有名やけど、その彼らも地元でやってないことをやってみたかった。自分の小説を地元の撮影でドラマ化するのは大変やったけど、終わってみたら楽しかったです。逆に武田さんは、いままでは縁のなかった(極道の)話やったと思うんやけど、どうやった?

武田:私の役がインフルエンサーのタレント役で、わりと素の自分と近い部分もあって、自然に演じられたと思います。私も若いときはギャルに憧れて、つけまつげとかカラコンをつけていたので、リサのギャルマインドは、何となくわかったんです。だから、髪を染めてエクステをつけて、演じていて楽しかったです!

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン