スポーツ

引退報道が出た巨人・亀井善行 「まだ現役でやれる」データも裏付け

亀井善行はまだまだ巨人にとって必要な選手か(時事通信フォト)

亀井善行はまだまだ巨人にとって必要な選手か(時事通信フォト)

 引退報道の真相はどうなっているのか──。10月9日、デイリー新潮が〈巨人「亀井善行」が今季で引退へ 原監督”お気に入り”偏重起用の采配に疑問〉という記事を配信、ネット上では巨人ファンを中心に騒然としている様子がうかがえる。プロ野球担当記者が話す。

「本人の口から発表があったわけではないですし、引退する場合はスポーツ紙、亀井のような巨人生え抜きのベテランなら最初にスポーツ報知が報じるでしょう。ただ、数字を精査していくと、亀井はまだじゅうぶん現役選手としてやっていけるだけの力があるのではないでしょうか」(以下同)

 今年のトータルの成績は打率2割2分1厘、3本塁打、17打点(記録は10月9日現在。以下同)と冴えていない。200打席以上の年では2010年の1割8分5厘に次ぐ低打率となっている。特に前半戦は1割8分4厘と不振を極め、DeNAとの開幕戦での代打サヨナラ本塁打以外は目立つ場面がほとんどなかった。

「ベテランには避けられないことですが、速球に詰まるシーンも目立ちます。前半戦は代打の切り札として使われていましたが、調子が上がりませんでした。

 昔の代打の切り札は終盤、力が落ちてきた先発投手と対戦していた。しかし、継投全盛期の昨今はいきなり150キロ前後の速球を投げる中継ぎや抑えと勝負することになる。年齢を重ねると肉体的に問題ない打者でも、目から衰えると言われますから、39歳のベテランにとって“代打の切り札”という役割は難しくなっています。亀井の今年の代打成績は39打数7安打で1割7分9厘と打てていません」

 しかしその一方で、スタメンで起用される機会の多くなった後半戦は復調している。後半戦は19試合に先発出場。そのうち13試合でヒットを放ち、2割8分8厘をマーク。マルチ安打4試合、猛打賞1試合を記録している。四球のあった試合を含めれば、一度も出塁しなかったのは4試合しかない。

 坂本勇人は直近19試合でマルチ安打6試合、猛打賞1試合と固め打ちは見せている。ただ、ノーヒットが7試合、出塁なしが6試合で2割8分3厘。スタメンを張り続けている坂本、そうではない亀井の差はあるものの、スタメン出場時の亀井はキャプテンに劣らない数字を残しているのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス