国内

眞子さまNY生活で危惧「中国の諜報機関に狙われる」可能性

ブラジルではサングラス姿も披露された(2018年7月、撮影/横田紋子)

遠い米国の地では中国からの危険もあるか(写真はブラジルでの様子。2018年7月、撮影/横田紋子)

 ついに10月26日、秋篠宮家の長女、眞子さまと小室圭さんが結婚する。米国から一時帰国した小室さんは、昨日11日で神奈川・横浜の実家での2週間隔離生活が終了。いよいよ3年半ぶりに、眞子さまとの再会が叶う。

 小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルは解決しないままだが、結婚、そしてお二人でのアメリカ・ニューヨークでの新婚生活に向けて、事実上の障害は無くなった。

 ある皇室ジャーナリストは「結婚に批判的だった国民感情を考慮して、婚約や結婚の儀式は全て行わず、皇室を離れる際の約1億3000万円とみられる一時金も、眞子さまのご意向で支給しないことになりました。これで結婚に対する障害はなくなったと見られています。ただ、結婚後も懸念されることは少なくありません」と話す。

 今後は義母となる佳代さんの金銭トラブルどころではない、深刻な懸念材料に悩まされることになる可能性がある。ある国際ジャーナリストは「眞子さまと小室さんがニューヨークで生活されるということですが、あの英国王室も、昨年にメーガン元妃とヘンリー元王子が英国を出られてからは、王室のスキャンダルが数々暴露されております。何か似たような展開にならないかと不安を残してしまうのは、致し方ないと思います」と切り出した。

「眞子さまや小室さんが国内外のマスコミと距離を置いたとしても、いろんなところからターゲットにされていく危険性があります。暴露話欲しさに近づくマスコミは分かりやすくて防げたとしても、日本を快く思っていない諸外国の諜報機関に狙われて、いつの間にか取り込まれてしまうことは、絶対にないとは言い切れません」(前出・国際ジャーナリスト)

 ダイアナ元妃は、王室を離れて一般人になった後も、米国の国家安全保障局(NSA)にマークし続けられていたといわれる。「ましてや、一時金も辞退された中で、厳重な警備をつけ続けるのは難しいでしょう。日本とは比べられないほど自由に生活できる米国ですが、その分、日本のタブーや弱みを握りたい勢力にとっても、より近づきやすいということです。それこそ隣国の中国の諜報機関などが接触してきたら……全くの絵空事とも言い切れないのではないでしょうか」と警鐘を鳴らした。

 前出のある皇室ジャーナリストも「日本の皇室は、英国王室ほどに情報が開かれたロイヤルファミリーではありません。だからこそ、何がスキャンダルに発展するか予測しづらい。海千山千のスパイ(諜報機関)に、眞子さまと小室さん夫妻だけで対応し続けることは、果たして可能なのか……ご結婚については否定的じゃありませんが、これについては不安を覚えてしまいます」と明かす。

 お二人にとっても、周囲にとっても、結婚がゴールではないことだけは間違いない。

関連記事

トピックス