芸能

土屋太鳳「ミニスカセーラー服もハグもNGナシ」性格良すぎる伝説

ミニスカセーラー姿を披露した土屋太鳳

ミニスカセーラー姿を披露した土屋太鳳

 女優の土屋太鳳(26)が10月13日、セーラー服を着た自撮り写真をInstagramに投稿した。こちらは主人公役の声優を務めたアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』(10月29日公開)の特別試写会で披露した衣装らしい。土屋自身は〈リアル高校生だった頃から自撮りは上手くないのですが急いだとはいえ相変わらず下手です〉と謙遜しているが、ファンからは〈最高の自撮り〉〈まだまだ現役で行けます!!〉と称賛されている。

 太ももがまぶしいミニスカートのセーラー服とは、なかなか“あざとい”コスチュームだが、素直にかわいらしく感じるのは、彼女が芸能界屈指の「いい子」だからだろう。

 土屋の「いい子伝説」と言えば、2016年に放送された『オールスター感謝祭』(TBS系)での激走が思い出される。恒例企画「赤坂5丁目ミニマラソン」に番宣のため参加した土屋は、ゴール直後に倒れ込むほどの全力疾走を見せて、「命がけの番宣」と話題になった。また、土屋にインタビューした経験のある芸能ライターはこのように証言する。

「5年ほど前、土屋さんのインタビューを担当したことがあります。人気芸能人のインタビューでは、質問状を事前に提出し、内容に問題がないかをマネージャーがチェックするのが一般的な流れです。しかし、土屋さんは『質問にちゃんとお答えできるように』と自ら質問状をきっちり確認してからインタビューに挑んでくれたのです。当時すでに映画やドラマで主演を務める売れっ子だったのに……。『なんて誠実な方なんだ』と感動したのを覚えています」(芸能ライター)

 多忙なスケジュールの中でも土屋は毎日のようにSNSを更新し、〈気温が変わりやすいからどうか身体に気を付けてください〉や〈夜にあったかい飲み物など飲んで身体をあたためてくださいね〉などファンへの細やかな気遣いを忘れない。多くの共演者から「本当にいい子」と人柄を絶賛されるのも納得だ。

 男性俳優と親密なショットを撮られたこともあるが、それも彼女のオープンな人柄ゆえ。『女性セブン』2020年10月29日号で俳優・桜田通(29)との路上ハグが報じられたときは、芸能関係者がこのように証言した。

「熱愛? いやいや(笑い)。これがいつもの太鳳さん。男女問わず共演者と仲よくなるし、欧米人のようなボディーランゲージで親密さを表現するのも、彼女にとっては日常茶飯事なんですよ」(芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス