芸能

土屋太鳳「ミニスカセーラー服もハグもNGナシ」性格良すぎる伝説

ミニスカセーラー姿を披露した土屋太鳳

ミニスカセーラー姿を披露した土屋太鳳

 女優の土屋太鳳(26)が10月13日、セーラー服を着た自撮り写真をInstagramに投稿した。こちらは主人公役の声優を務めたアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』(10月29日公開)の特別試写会で披露した衣装らしい。土屋自身は〈リアル高校生だった頃から自撮りは上手くないのですが急いだとはいえ相変わらず下手です〉と謙遜しているが、ファンからは〈最高の自撮り〉〈まだまだ現役で行けます!!〉と称賛されている。

 太ももがまぶしいミニスカートのセーラー服とは、なかなか“あざとい”コスチュームだが、素直にかわいらしく感じるのは、彼女が芸能界屈指の「いい子」だからだろう。

 土屋の「いい子伝説」と言えば、2016年に放送された『オールスター感謝祭』(TBS系)での激走が思い出される。恒例企画「赤坂5丁目ミニマラソン」に番宣のため参加した土屋は、ゴール直後に倒れ込むほどの全力疾走を見せて、「命がけの番宣」と話題になった。また、土屋にインタビューした経験のある芸能ライターはこのように証言する。

「5年ほど前、土屋さんのインタビューを担当したことがあります。人気芸能人のインタビューでは、質問状を事前に提出し、内容に問題がないかをマネージャーがチェックするのが一般的な流れです。しかし、土屋さんは『質問にちゃんとお答えできるように』と自ら質問状をきっちり確認してからインタビューに挑んでくれたのです。当時すでに映画やドラマで主演を務める売れっ子だったのに……。『なんて誠実な方なんだ』と感動したのを覚えています」(芸能ライター)

 多忙なスケジュールの中でも土屋は毎日のようにSNSを更新し、〈気温が変わりやすいからどうか身体に気を付けてください〉や〈夜にあったかい飲み物など飲んで身体をあたためてくださいね〉などファンへの細やかな気遣いを忘れない。多くの共演者から「本当にいい子」と人柄を絶賛されるのも納得だ。

 男性俳優と親密なショットを撮られたこともあるが、それも彼女のオープンな人柄ゆえ。『女性セブン』2020年10月29日号で俳優・桜田通(29)との路上ハグが報じられたときは、芸能関係者がこのように証言した。

「熱愛? いやいや(笑い)。これがいつもの太鳳さん。男女問わず共演者と仲よくなるし、欧米人のようなボディーランゲージで親密さを表現するのも、彼女にとっては日常茶飯事なんですよ」(芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン