• TOP
  • 芸能
  • 海老蔵「東京じゃ会えねえ」A子とB美が了承していた「交際の条件」

芸能

2021.10.15 17:00  NEWSポストセブン

海老蔵「東京じゃ会えねえ」A子とB美が了承していた「交際の条件」

B美さんはビーチサンダルを持つ

2人が会ったのは米子の地(女性はB美さん)

 梨園のプリンスに久しぶりに交際報道が飛び出した。10月15日発売の週刊ポストが、公演先で2人の女性と“二股逢瀬”を重ねる市川海老蔵(43)の姿を写真付きで詳報した。

 9月下旬、地方公演で岡山・倉敷に滞在していた海老蔵は、そこでA子さんと密会し、さらに続いて訪れた鳥取・米子ではB美さんと旅館で夜を過ごした。3泊4日の間に“二股”と言われてもおかしくない状況をスクープされてしまったのだ。

 海老蔵の交際報道となると、実に12年ぶりになるという。2010年に小林麻央さん(享年34)と結婚するまでは、歌舞伎界きってのプレーボーイとして鳴らしてきた。過去には米倉涼子、宮沢りえ、佐藤江梨子、高岡早紀、河北麻友子ら多くの女優との交際が報じられた。

 ある芸能リポーターによれば、「当時は、東京・西麻布のダーツバーやワインバーに行けば必ず海老蔵に会える、と言われるほど連日夜遊びをされていましたね。いつも違う女性と一緒にいて、そのまま女性と闇夜に消えていく、というのがお決まりのパターンでした」と言うほど、私生活は奔放だった。

 だが、麻央さんとの結婚、子供の誕生などを経て、すっかり家庭と仕事に邁進。2017年に麻央さんが逝去した後も、残された二人の子供との生活を優先し、女性に関する報道は激減した。それは彼が自身で定めたルールを厳守していたからだという。

「独身ですし、あれだけのナイスガイですから女性との交際は実際にありましたが、バレないように徹底されていました。ガールフレンドと会うのは決まって地方なんです」(梨園関係者)

 今回の2人の女性のうち、A子さんはわざわざ東京から倉敷に呼び出していたし、B美さんも遠方から米子にやってきて夜をともにした。先の梨園関係者は、「歌舞伎界に限らず有名人の遊び方として“地方でハメを外す”というのはポピュラーですが、たいていボロがでるんです。東京でもうっかり相手のマンションに行ってしまったり、女性のほうが我慢できずに地方以外でも会いたがる。しかし、海老蔵さんは自らを律して“鉄の掟”として守ってきた。“東京では会えねえからな”と。もちろんそれを受け入れてくれる女性しか選びません」と語る。

関連記事

トピックス