スポーツ

白毛馬ソダシが挑む秋華賞 父だけでなく母の父の血統的裏付けもある

桜花賞を制したソダシ(時事通信フォト)

桜花賞を制したソダシ(時事通信フォト)

『ウマ娘』のヒットで増えた新たな層の競馬ファンもおそらく大注目のGIが秋華賞だ。現役屈指のアイドルホースは勝ち抜けるのか。競馬ライターの東田和美氏が分析した。

 * * *
 過去10年の秋華賞出走馬177頭のうち桜花賞に出ていたのが58頭、オークス96頭。桜花賞オークスともに出走した馬は46頭で6勝2着5回。1600mと2400mのGⅠを走った春の実績馬はその中間の距離でも強い。これが桜花賞のみ出走の12頭では3着以上がゼロ。オークスのみ出走した馬は50頭で1勝2着1回3着4回。

 牡馬の場合は距離が一気に延びるため、別路線を歩む馬も多いが、それでも皐月賞・ダービーともに出走した50頭のうち6頭が菊花賞馬になっている。やはり春シーズンにクラシックの2レースに出走できて、ここに駒を進めてきたということは、早くから結果を出し、故障や不安が少なく、年間通してコンディションを維持できる強さがあったということだ。

 さて秋華賞といえばディープインパクト産駒。過去43頭が出走して4勝2着5回と存在感を見せている。ただし今回出走する3頭のうち2頭は母の父(BMS)がキングカメハメハだが、この配合によるGⅠ馬はダービー馬ワグネリアンだけ。賞金獲得額では2013年3着のデニムアンドルビーが2番目、今回出走するアカイトリノムスが4番目、ミスフィガロが24番目。ちなみに30番目までのうち18頭が金子真人HDの所有馬だ。

 母の父としてのキングカメハメハは2006年からその座を譲らなかったサンデーサイレンスをようやく抜いて、昨年BMSリーディングのトップに立った。GⅠ馬は6頭いて半数が牝馬。2017年エリザベス女王杯のモズカッチャン(同年秋華賞3着)、三冠馬デアリングタクト、そして今回のソダシ。

 一方父親としてのキングカメハメハを見ると、ここ4年秋華賞への出走がなかった。出走はここ10年でわずか9頭だが3着3回という成績は悪くない。2年目の産駒が3歳になった11年前の秋華賞には大挙5頭が出走しておりアパパネが1着。5着にもレディアルバローザ(前出オールフォーラヴの母)が入っている。また2019年はキングカメハメハを父に持つロードカナロア産駒のアーモンドアイが勝っている。

 ただし今回出走するキングカメハメハ産駒は、3頭のうち2頭の母の父がディープインパクト。この配合のGⅠ馬はゼロで、賞金額3番目がアンドヴァラナウトで6位がアールドヴィーヴル。

 母の父としてのディープインパクトは昨年のBMSリーディングでは5位。今年はすでにキングカメハメハを逆転しており、今後しばらくはトップに君臨するだろうが、GⅠ馬はいまのところキセキだけだ。ディープインパクトが送り出したGⅠ牝馬の産駒が走るのはまだまだこれからなのだろうか。

 昨年のBMSリーディングでディープインパクトを上回る3位だったのがクロフネ。もちろん種牡馬としても優秀で、出走こそ多くないが2011年にホエールキャプチャが3着、2017年にアエロリットが7着、2019年ビーチサンバが5着。

 母の父としては2019年の秋華賞に3頭が出走し、そのうちの1頭クロノジェネシスが勝っている。さらに2014年ショウナンパンドラの母の父がクロフネの父フレンチデピュティ、2015年4着のアンドリエッテの母の父が、フレンチデピュティと同じ父を持つシルヴァーデピュティだ。

 母の父クロフネというGⅠ馬は他にノームコア、レイパパレと3頭とも牝馬。こうしてみると、もっと可能性があった血脈のような気がする。いや、これからもクロフネ系牝馬の産駒は要注意だ。

関連記事

トピックス