ディープインパクト一覧

【ディープインパクト】に関するニュースを集めたページです。

東京競馬場芝2400mで争われる
「ダービー2着馬血統」のエフフォーリアは常識を翻せるか
 いよいよダービーだ。皐月賞馬が好枠におさまり人気が集まりそうだが、競馬ライターの東田和美氏は興味深いデータを挙げた。 * * * 過去10年のダービー馬はディープインパクト産駒6頭…
2021.05.29 16:00
NEWSポストセブン
舞台は阪神競馬場
「一族の無念」と「三冠馬の血脈」が激突する桜花賞の狙い方
 いよいよ春のクラシック開幕である。競馬ライターの東田和美氏が分析した。 * * * 昨年「桜花賞には母の無念を娘や孫が晴らしてきた歴史がある」と書いた。両親それぞれの母がともに…
2021.04.10 16:00
NEWSポストセブン
ナリタブライアン(時事通信フォト)
歴代名馬が今年のジャパンカップに出たら…妄想レース実施
 三冠馬が3頭揃う「奇跡のドリームレース」となった今年のジャパンカップ。歴代最多GI8勝のアーモンドアイは2枠2番、史上初の無敗の牝馬三冠を達成したデアリングタクトは3枠5番、3頭目となる…
2020.11.28 07:00
週刊ポスト
検討しがいのあるレース
無敗の3冠がかかる秋華賞 「サンデーの奇跡」に敬意を
 無敗の3冠がかかるレース、競馬ライターの東田和美氏は「血脈」に注目した。 * * * 今年の3歳が初年度産駒のエピファネイアは、当初からサンデーサイレンスの孫、つまりディープイン…
2020.10.17 16:00
NEWSポストセブン
最高額をつけたシーヴの2019(写真:Japan Racing Horse Association)
盛況セレクトセール 大物馬主は「堅実な実績」に賭けた印象
 購買者の同伴は1名、メディアも1社1名で撮影は禁止(写真は主催者提供)。もちろん入場時には手指の消毒にサーモグラフィーでチェックという厳戒態勢下で行なわれた今年のセレクトセールだっ…
2020.07.18 16:00
NEWSポストセブン
開放感溢れる東京競馬場
一口馬主クラブ会員としてオークスの出馬表を眺めてみたら
 競馬ファンにとっては胸躍る2週間である。今週がオークス、そして来週はダービー。競馬ライターの東田和美氏が考察した。 * * * 春のクラシックもいよいよクライマックスだが、一口馬…
2020.05.23 16:00
NEWSポストセブン
種牡馬としても活躍するクロフネ
NHKマイルCをヒモ荒れと見るなら、狙い目の種牡馬はこれだ
 3歳馬によるマイル王決定戦はヒモ荒れ傾向の強いレースである。競馬ライターの東田和美氏が狙い目を考察した。 * * * これまでの24回で1番人気馬が10勝、単勝の払戻金が500円以下だっ…
2020.05.09 16:00
NEWSポストセブン
20191年天皇賞・春のゴール前
春の天皇賞は1番人気不調 「キンカメ系」の奮起に期待する
 春の天皇賞はGI最長距離となる3200m。データと血統をどう読むかが鍵となる。競馬ライターの東田和美氏が分析した。 * * * 平成以降、勝率、連対率、3着内率全てにおいて1番人気馬より…
2020.05.02 16:00
NEWSポストセブン
2011年の桜花賞のパドック(写真はマルセリーナ)
桜花賞には母の無念を娘が晴らしてきた歴史がある
 無観客競馬が続く中で、いよいよクラシック開幕となった。競馬ライターの東田和美氏が桜花賞について考察した。 * * * マルセリーナがディープインパクト産駒として初のGⅠを勝ったの…
2020.04.11 16:00
NEWSポストセブン
名物馬主・近藤利一氏死去で“アドマイヤたち”はどこへ行く?
名物馬主・近藤利一氏死去で“アドマイヤたち”はどこへ行く?
 競馬界の名物オーナーが世を去った。「アドマイヤ」の冠名で知られた馬主の近藤利一氏が11月17日、77歳で亡くなった。近藤氏は1999年にアドマイヤベガで初めてダービーを勝ち、GIや重賞勝ち…
2019.11.27 16:00
週刊ポスト
開放感溢れる東京競馬場
外国馬と近1年のGI馬ゼロのJCは騎手で買ってみたいレース
 最強馬決定戦とはいえないが、馬券の予想は面白そうなのが今年のジャパンカップ。競馬ライターの東田和美氏が分析した。 * * * 外国からの遠征馬がゼロになり、レースの存在意義が問…
2019.11.23 16:00
NEWSポストセブン
検討しがいのあるレース
マイルCS 「前走からの巻き返し」「騎手の経験内容」に注目
 今年はレベルの高い大混戦、見どころ十分なレースとなりそうな第36回マイルチャンピオンシップ。競馬ライターの東田和美氏が分析した。 * * * 出走馬の前走を見ると、天皇賞(秋)か…
2019.11.16 16:00
NEWSポストセブン
ガラケーでもネット投票はできる
外国人騎手が日本を訪れる理由は高額賞金だけではない
 馬は来ないが「人」は来る──昨年行なわれた25の平地GIレースのうち、15勝は外国人騎手によるものだった。いまや日本の重賞レースに欠かせない存在となっている。競馬歴40年のライター・東田…
2019.10.27 07:00
週刊ポスト
2018年のジャパンカップを制したアーモンドアイ
秋天は「ノーザンファームの運動会」 各種ワンツー決着を考察
 一騎打ちは競馬の醍醐味だがそうそう固くはおさまらないのはファンならよく知るところ。競馬ライター・東田和美氏が秋の天皇賞について考察した。 * * * アーモンドアイ、サートゥル…
2019.10.26 16:00
NEWSポストセブン
競馬を続けるためには「馬券を買う姿勢」が重要だという
「社台グループの運動会」秋華賞 意外な主役が現れるとしたら
 かつては大荒れのイメージが強かったレース、今年は前日が台風で大荒れの天気となるが、さてどうか。競馬歴40年のライター・東田和美氏が秋華賞の狙い目について考察する。 * * * 桜…
2019.10.12 16:00
NEWSポストセブン

トピックス