• TOP
  • 国内
  • 安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

国内

2021.10.18 07:00  週刊ポスト

安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

河野洋平氏が旗揚げした新自由クラブでは行動を共にしていたが…(写真=Avalon/時事)

河野洋平氏が旗揚げした新自由クラブでは行動を共にしていたが…(写真=Avalon/時事)

 甘利氏に近い議員からは同情する声が上がった。

 しかし、転んでもただでは起きなかった。復権を目指す甘利氏は、今度は甘利グループの子分4人を連れて派閥拡大をはかる麻生派に入会する。「安倍側近」から「麻生側近」へと主を代えた。

 それを機に、麻生氏の後押しで党行革推進本部長、選対委員長、党税調会長と再び出世の階段に戻ることができた。

 そしていま、岸田政権で幹事長として権力を握るやいなや、安倍氏の力を削ぐことで過去の“屈辱”を晴らし、恩人で盟友でもあった麻生氏の棚上げをはかって麻生派の跡目に手をかけるところまできた。

 甘利明という政治家には、裏切り、寝返り何でもありの権力闘争の修羅場をくぐり抜けたしたたかさ、狡猾さをいかんなく見せつけられる。

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連記事

トピックス