国内

眞子内親王と小室圭さん 米国移住後も残る「佳代さんの警備問題」

課題は結婚後も残る(写真は小室圭氏の母・佳代さん/共同通信社)

課題は結婚後も残る(写真は小室圭氏の母・佳代さん/共同通信社)

 眞子内親王との結婚を控えた小室圭さんが、10月18日に秋篠宮邸を訪れることが宮内庁より発表された。眞子内親王とも3年2か月ぶりに対面することになる。2人は秋篠宮夫妻に挨拶を行ない、その後、眞子内親王は22日に天皇皇后両陛下、25日に上皇ご夫妻に結婚の報告をするという。

 眞子内親王といえば、10月1日に「複雑性PTSD」(複雑性心的外傷後ストレス障害)の状態にあると診断されたことが公表されたばかり。小室圭氏とその家族、そして自身に対する誹謗中傷と感じられる出来事を長期にわたり反復的に体験した結果、強い恐怖とストレスを感じている状況だと説明されている。いよいよ間近に迫った結婚を機に、眞子内親王を悩ませるこの誹謗中傷問題は解消に向かうのか。

「10月26日に行なわれる予定の記者会見は、一問一答形式とはいえ厳しい質問が飛ぶことも予想されます。ただ、結婚すれば眞子さまは皇族から一般人となり、新生活は米国で送る予定になっていますから、渡米後はネットでの誹謗中傷の声も減っていくでしょう」(宮内庁担当記者)

 眞子内親王はこれまでも世間の声にはことのほか敏感で、結婚一時金を辞退した際も、その理由を宮内庁は「一時金が高額だという批判を見て、受け取ると結婚後も誹謗中傷で精神的負担を感じることになると考えられた」と発表している。そんな眞子内親王について、結婚・渡米後も“非難の声”が残りうる課題があるという。皇室ジャーナリストが語る。

「小室さんの母・佳代さんの警備問題です。先日、遺族年金と傷病手当金の不正受給疑惑で刑事告発されたのを機に、佳代さんへの批判は日増しに高まっています。告発はいったん『返戻』されましたが、そもそも結婚が延期になっていた原因は佳代さんの金銭トラブルであり、それはまったく解決されていないため、批判の声はやんでいません。佳代さんの安全のため、自宅前にはポリボックスが設置されるなど厳重な警備が敷かれています。

 2005年に黒田清子さんが結婚した際は、警察庁から『個人警戒対象者』に指定され、結婚後も清子さんの警護が続けられましたが、今回は国内に残る佳代さんの身の安全を鑑みて、お二人の結婚後もしばらくは佳代さんの警備が続く可能性は考えられます」

 この警備費用は当然ながら税金である。

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン