国内

「駆け落ち未遂」は長く尾を引く ズルズルと“婚外恋愛”に陥った例

貴乃花

結婚が成就しなかったことでその後の人生が大きく変わってしまうことも。宮沢りえ(右)と貴花田(当時)の破局には大きな同情が集まった(写真/時事通信社)

 秋篠宮家の長女・眞子さまが、小室圭さんと10月26日に結婚される。小室家のトラブルなどから反対の声が多いが、そうした周囲の反対の声にめげずに、愛を貫いた形だ。

 おふたりのように意志を貫くカップルがいる一方で、何らかの事情で躊躇してしまった人もいるだろう。その“一歩”を踏み出せなかったカップルとして人々の記憶に長く残るのが、1993年の宮沢りえ(48才)と貴花田(当時、49才)の破談だ。20才の人気力士と19才のビッグアイドルの結婚の約束は「世紀の婚約」と称されたが、わずか2か月で破局にいたった。

「破局の背景には両家の考えの違いなどがあったとされますが、詳しくは明らかにされませんでした。スーパーカップルの別離に世間は消沈し、『駆け落ちしてでも愛を貫いてほしかった』との声がもれたことも印象深い。婚約破棄後、りえさんは激やせして体調不良による休業を繰り返し、薄幸のイメージが付きまとうようになってしまいました」(芸能記者)

 一般人でも「駆け落ち未遂」は長く尾を引く場合が多い。 男女関係を幅広く取材するノンフィクションライターの亀山早苗さんが言う。

「取材していて強く印象に残っているのは、大学時代に先輩後輩として出会い、駆け落ち寸前まで行ったものの結局は親の意向を受け入れて別れることになったカップルのケースです。女性側の実家が個人商売であることが、大学教授である男性側の親にとって不満だったそうです。その後、それぞれ別の相手と結婚したのですが、都内でばったりと再会したことをきっかけに『やはり運命だ』と愛の炎が再燃し、10年以上も不倫関係を続けています」

 ふたりはその後、いったん関係を清算したものの、数年後にまたよりを戻して、現在もズルズルと婚外恋愛を続けているという。

「一度結婚をしてから別れていれば関係をスッキリ清算できた可能性が高いけれど、このふたりは結婚できなかったので、未練が残って長く関係が続いています。不倫中は情緒不安定になってふたりで泣いてしまうこともあるそう。未来を見据えた関係ではないんです。それでも『あのとき、結婚できなかった代わりに……』という思いが残って、すっぱりと別れられない。間違っても後悔しても、結局は自分の気持ちに従って生きることが幸せになれるいちばんの道のように思えます」(亀山さん)

※女性セブン2021年10月28日号

関連記事

トピックス