• TOP
  • 国内
  • 大阪偕星で問題続発 のぞき被害で学校を辞めた女子柔道部員の悲痛告白

国内

2021.10.23 16:00  NEWSポストセブン

大阪偕星で問題続発 のぞき被害で学校を辞めた女子柔道部員の悲痛告白

学校としての対応が問われている

学校としての対応が問われている

 大阪市生野区にあるスポーツ強豪校の大阪偕星学園高校で問題が続発している。野球部でコーチを務めていた水落雄基被告が、部員へのわいせつ行為で8月に逮捕され、10月2日には強制性交致傷容疑で追起訴された。さらに、本誌・週刊ポストの取材により、同校の男子柔道部員が女子更衣室の“のぞき”をはたらき、被害に遭った女子生徒が学校を辞めることを余儀なくされていたことが明らかになった。

 9月まで大阪偕星学園高校の2年生女子柔道部員だったAさんは、沈痛な面持ちでこう話す。

「6月24日に、男子柔道部員7人が学校に来なくなって、同級生から彼らが“のぞき”をしていたと聞かされました。見つかった時の現場に私はいなかったのですが、後で母が学校に連絡したところ、私の着替えがのぞかれていたことが分かったんです」

 Aさんが通う大阪偕星学園高校では、今年に入って野球部のコーチによる部員へのわいせつ行為が事件化していた。全国紙社会部記者はこう話す。

「学校内では1月に発覚し、水落被告は3月に懲戒解雇されていたが、8月に入って強制わいせつ容疑で逮捕・起訴された。野球部員を呼び出してわいせつ行為に及び、部員たちにPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症させた疑いがある。さらには過去に勤務した学校にも被害者がいるとみて調べが進められている。当初、学校名を伏せられたかたちで報じられていたが、10月に入って実名で報じられ、関西の教育関係者を中心に注目を集めています」

 そんな同校で起きていたのぞき問題について、Aさんとともに本誌の取材に応じた彼女の母親は、経緯をこう説明する。

「柔道場と同じフロアにある女子更衣室の窓の目隠しシートに、男子柔道部員たちが小さな穴を空けてのぞきをはたらいていたんです。普通科の女子生徒が着替えている時に部員7人がのぞきの現場を押さえられて問題が発覚したが、結局、体育の授業の着替えと女子柔道部、他の一部の部活がのぞかれていました。

 被害に遭った女子生徒たちの親が学校に呼ばれて教頭から事情説明があったのですが、当初、加害者7人と保護者はその場にいなくて謝罪すらありませんでした。それがおかしいと指摘したら、やっと2日後に加害者と保護者たちも集まって頭を下げられましたが、その後も詳しい説明はなく、他の被害者や保護者がどのような説明を受け、どう納得したかもわからない。誠実とは思えない対応ばかりでした。

関連記事

トピックス