国内

帰ってきた「ぶつかりおじさん」 やり返せない人が狙われる

緊急事態宣言があけ、復活した通勤ラッシュとともに帰ってきた人たちがいる(イメージ、EPA=時事)

緊急事態宣言があけ、復活した通勤ラッシュとともに帰ってきた人たちがいる(イメージ、EPA=時事)

 今から約3年前、新宿駅で次々と女性にだけぶつかり続ける男の動画がSNSで拡散され、ネットでは同様の体験を報告する声があつまった。その被害の多くは駅、それも混雑時に起きており、ぶつかる人の多くが中年男性だったことから「ぶつかりおじさん」と総称されるようにもなった。新型コロナウイルス感染拡大防止のために緊急事態宣言が発令され、通勤ラッシュが消えていたときには姿を減らしていた「ぶつかりおじさん」が、第5波が過ぎ通勤ラッシュの復活とともに戻ってきた。俳人で著作家の日野百草氏が、帰ってきた「ぶつかりおじさん」について、その被害や、おじさん側の言い分をレポートする。

 * * *
「ぶつかりおじさんがまた増えてます。本当に怖いです」

 10月に入り筆者に届いた女性からのメール、「ぶつかりおじさん」とは何ぞや思えば、主に駅で故意にぶつかってくる人のことらしい。調べてみれば「体当たりおじさん」「タックルおじさん」ということで本来はおじさんに限った話ではないのだろうが、どうやら主に男、とくにおじさんに限定されているらしい。また彼女曰く、ぶつかってくるのはたいていおじさんなので「ぶつかりおじさん」のようだ。身も蓋もないが社会的にはそうコンセンサスが形成されているのだろう。

「露骨に体当たりしてきます。普通にぶつかっちゃったとか、そういうのじゃないんです。された女性ならわかるはずです」

 満員電車や駅の混雑が復活すると同時にまたぞろ増えだした彼ら、「帰ってきたぶつかりおじさん」。緊急事態宣言も明け、筆者はさまざまな女性からの被害談、目撃談をヒアリングしたが、誰に聞いても普通のスーツ姿の中高年男性ということが恐ろしかった。

「昨日、池袋駅でぶつかられたんです。絶対わざとです。斜向いから来て大きなかばんを思い切り脇腹に当てられました。痛いのと怖いのとで売店の壁にうずくまってしまいました」

 なるほど、それなら筆者も目撃している。四ツ谷駅、御茶ノ水駅、そして同じ池袋駅だ。四ツ谷駅は気丈な女性が言い争って揉めているのを駅員と警備員が割って入っていた。

「ヤカラじゃないよ、普通のサラリーマンだね」

 駅のことは駅に聞けということで、馴染みの清掃員の方に伺う。彼は私鉄なので先に筆者が目撃した駅ではないが、それでも日々の中で「ぶつかりおじさん」と遭遇しているという。

「だって俺もやられるし、女性だけじゃないね」

 なんと清掃員も被害に遭っているということでお仕事終わりに道すがら話を聞くことを約束し、通用口の前で落ち合った。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン