芸能

國村隼の魅力 『日本沈没』でも好演、世界から求められるその強面

俳優・國村隼の凄さとは(時事通信フォト)

俳優・國村隼の凄さとは(時事通信フォト)

 鋭い眼光に渋みのある声──。その“強面”で極悪非道のヤクザから朗らかな父親、はたまた宇宙人まで、幅広い役柄を演じてきた。40年前の映画デビューから国内外でオファーが絶えることのない俳優・國村隼(65)の凄さはどこにあるのか──。(前後編の前編)

松田優作とハリウッドへ

 この人が出ているだけで、何かありそうな想像が膨らんでくる。

 放送中の日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)で地球物理学の最高権威である世良徹教授を演じる國村隼だ。

 同作では、かつての後輩である日本地球物理学会の異端児、香川照之演じる田所雄介が訴える関東沈没の可能性を、世良教授は真っ向から否定していた。しかし、ついに小栗旬演じる環境省の官僚からデータ偽装を厳しく追及されると、初めて感情を露わにする。

 豪華俳優陣のなかでも、怪演ぶりが際立つ香川と、その語り口や目線だけで存在感を放つ國村というベテラン俳優の演技のコントラストがはやくも話題となっている。

 國村が光っているのはテレビだけではない。

 公開中の米ハリウッド俳優のジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA-ミナマタ-』でも、國村は水俣病の原因となった企業・チッソの社長ノジマとして出演している。「典型的な悪徳社長にはしたくなかった」という製作陣の狙いに、國村が見事に応えたという。英語を交えてジョニーと敵対するシーンも堂々と演じぬいた。

 これまで100を超える映画に出演してきた國村だが、俳優デビューは決して早くはない。

 大阪で育った國村は、府立高専へ進むも4年で中途退学、友人に勧められて劇団の研究所に入る。そうして20代半ばに『ガキ帝国』(1981年)で映画デビューを果たす。主人公(島田紳助・松本竜介)と対立する不良グループのリーダー役だった。

「國村君は小生意気な顔をしているというか、ちょっと拗ねた大人顔をしていたね。それがリーダー感があるなと思ってリーダー役にしたんだよ」

 そう語るのは、同作の井筒和幸監督だ。低予算でゲリラ的な撮影を敢行していた当時を振り返る。

「役者っていうのは『お前、わかってるな』というのと『わかってねーな』というのとどちらかで、こればかりは天性のものだけど、國村君はちゃんとわかってる奴だった。いつも考え込むような顔をしているからヤクザよりむしろ気むずかしいバーテンダーとかクセのある官僚や政治家とかのほうが向いていると思ったね。まぁ正直言って、当時は名前なんて覚えてないくらいでしたがね」

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
マネーポストWEB