• TOP
  • 国内
  • 「質疑応答なし会見」の眞子さまと小室圭さん 祝福の声は上がるのか

国内

2021.10.26 12:00  NEWSポストセブン

「質疑応答なし会見」の眞子さまと小室圭さん 祝福の声は上がるのか

秋篠宮邸を出られる眞子さま。手には花

秋篠宮邸を出られる眞子さま。手には花

 朝方まで降り続いた雨も乾き、空に晴れ間が見えてきた午前10時過ぎ。赤坂御用地内では、秋篠宮家の長女・眞子さまの旅立ちの時を迎えていた。車寄せには秋篠宮ご夫妻と妹・佳子さまが見送りに出て、家族で別れの挨拶を交わした。

 佳子さまが姉に向かって両手を広げると、眞子さまはこれに笑顔で応じ、束の間、別れを惜しむように姉妹が抱擁し合う場面もあった。眞子さまは報道陣に向かって深々と頭を下げてから車に乗り込み、30年余りを過ごした実家を後にした。

 そして10月26日午前10時半過ぎ、宮内庁の職員によって提出された婚姻届が受理されたことが発表された。小室圭さんと結婚した眞子内親王は、皇籍を離れて“小室眞子”さんとなった。午後には、2人揃っての記者会見が都内ホテルで行われる。

 当初、会見では質疑応答が予定されていたが、急遽、昨夜になって会見方式が変更となった。会見冒頭で眞子さまが結婚に際してのお気持ちを述べた後、質疑応答は行われない形式になったという。

 宮内庁によると、事前に記者からの質問内容を見た眞子さまが、「誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない質問がある」と衝撃を受け、カメラや多くの人がいる前で答えることは、強い恐怖心がよみがえる不安が払拭できず、口頭で答えることは不可能と判断されたという。

 眞子さまをめぐっては、10月1日、秋篠宮家を司る皇嗣職大夫の会見で「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」の状態にあると診断を受けたことが公表されていた。会見に同席した精神科医は「長期にわたり誹謗中傷を体験された結果、複雑性PTSDと診断される状態になっておられる」と述べている。

 2017年の婚約内定以来、ここまで結婚が“延期”となってきた原因は、小室圭さんの母・佳代さんの金銭トラブルだった。婚約内定後、佳代さんと元婚約者との間に400万円に上る金銭トラブル疑惑が浮上。結婚は延期となり、小室さんは米国留学のため日本を離れた。

 今年4月、小室さんは28枚にも及ぶ釈明文書でトラブルの経緯を説明した。一旦は解決金を支払わない意思を表明したが、すぐに前言を撤回。解決金を支払う姿勢を示したが、現時点で解決されたという報道はない。本日の結婚後会見で、小室さんの口から母の金銭トラブルについて語られることはあるのだろうか。

 眞子さんは結婚後、夫・小室さんとともに米ニューヨークで暮らす予定となっているが、渡米までの間は渋谷区内のマンションに滞在し、新生活を始めるとの報道もある。新婚生活へ向けて、最後となるであろう2人の記者会見。多くの国民から祝福される会見となるか、全国民が固唾を飲んで見守っている。

関連記事

トピックス