芸能

大西結花、伝説の写真集が22年ぶりに復活 当時の思い出を語る

大西結花が当時の撮影について振り返る

大西結花が当時の撮影について振り返る

 大西結花が1999年に発表した、東北を舞台にした伝説の写真集『遠野 冬』が22年ぶりに甦る。秘蔵写真を含む週刊ポストデジタル写真集が近日発売される大西が、撮影について語る。

 * * *
 この撮影は、雪が積もった岩手県の遠野で、2~3日かけて撮影しました。「とにかく寒かった」のが一番の思い出です。

 実はこのとき私は前もって綿密な打ち合わせや準備をして臨んでおらず、いきなりの撮影でした。語り継がれる昔話など、その場、そのシーンごとに説明を受けて撮影に挑みました。それでも、そのイメージに溶け込みやすい荘厳で素敵な場所がたくさんあり撮影に入り込めました。

 今回改めて当時の写真を見て、和服もいいものだなと思いました。撮影者の小澤忠恭さんとの感性が合わなければこの作品はできなかったと思います。そこには小澤さんと私の間で不思議な感性の響き合いがありました。だから撮影中は安心して小澤さんに委ねられました。寒くて鳥肌も出るし大変だったのですが、綺麗な写真に仕上げてもらえて嬉しかったです。

 どのシーンも寒かった思い出ばかりなのですが、共演者(?)の馬はおとなしい、いい子でしたね。もともと私は馬が好きだったのでこのシーンはとても印象深かったです。

 残念だったのは、現場と旅館の往復しかしなかったので、遠野の町をあまり知ることなく撮影が終わったことです。旅館の晩ご飯の時間は旅行気分で楽しかったですが。

 あの頃と今ですか? いつもあまり後先考えずその時の閃きで動くのは変わってないですね。ただそういう機会自体に巡り合うことは少なくなりました。これが大人になって落ち着いたということなのでしょうか?(笑)

【プロフィール】
大西結花(おおにし・ゆか)/1968年7月6日生まれ、大阪府出身。1984年、ドラマ『家族の晩餐』でデビュー。1986年、ドラマ『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』で主人公の姉役に抜擢され、同番組内で生まれたアイドルユニット“風間三姉妹”が一躍注目を浴びる。以降、映画やドラマ、歌手として活躍。

撮影/小澤忠恭

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン