スポーツ

羽生結弦、ライバル絶不調の裏で新SP完成 ピアノ曲が世界一への序曲に

(写真/AFLO)

新SPのピアノ曲をお披露目か(写真/AFLO)

「明らかに今夜はよくなかった」。フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦となるスケート・アメリカが、ネバダ州ラスベガスで10月22日(現地時間)に開幕した。ショートプログラム(SP)4位、フリープログラム(FP)でも2位にとどまり、まさかの最終順位3位に終わったネイサン・チェン選手(22才)は、淡々と反省の弁を述べた。

 このところ負けなしだったチェン選手の敗戦という、衝撃的なスタートとなった今シーズン。気になるのは11月12日からのNHK杯で初戦を迎える、羽生結弦選手(26才)のプログラムだ。

「FPは昨シーズンに引き続いて『天と地と』になることが決まっています。SPについては、まだ明かされていません」(スポーツジャーナリストの折山淑美さん)

 だが、ここにきて新情報がもたらされた。『日刊スポーツ』(10月19日付)が、次のように報じたのだ。

《NHK杯では新SPのピアノ曲もベールを脱ぐ》

 これについて折山さんは「まだ定かではありませんが」と前置きしつつ、こう語る。

「昨シーズンのSPではロックナンバーを選びました。本当はピアノ曲をやりたかったけれど、なかなかいい曲が見つからなかったから。羽生選手はもともとピアノ曲が好きで、インタビューでも“ピアノ曲は自分でいられる心地よい曲”と語っています。ピアノ曲は自分の気持ちをうまく投影できるし、しっかり音を拾いながら滑ることができるからだそうです」

 SPがピアノ曲なら、FPの『天と地と』とのバランスもいい。

「FPで力強さを、SPで繊細さを見せたいというのは、平昌五輪のFPで『SEIMEI』、SPでショパンの『バラード第1番』を使ったときと同じです。それだけでなくSPでは洋、FPでは和の両面を見せたいという意図もある。バランスを考えても、SPにピアノ曲を使うのは納得がいきます」(折山さん)

 また、元アイスダンス選手で現在はKOSE新横浜スケートセンター専属インストラクターの木戸章之さんは、羽生選手がFPを変えなかった理由をこう推測する。

「FPの曲はそのままにして、その分4回転半はじめ、大技に集中したいという気持ちがあるのでしょう。それだけ羽生選手の4回転半に対する思いは強い」

 さらに折山さんは、『天と地と』を継続するのは「まだ未完成だから」だとも語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン