スポーツ

失速の巨人 中畑氏が感じた原監督の異変、桑田コーチ起用と中田獲得

今年は“なんで?”と感じることが多かったという(時事通信フォト)

今年は“なんで?”と感じることが多かったという(時事通信フォト)

 3連覇目前だった原巨人が大失速し、借金を抱えてシーズンを終えた。歴代3位のリーグ優勝9回、さらに日本一3回、WBC制覇と輝かしい実績を持つ名将・原辰徳監督の策がことごとく裏目に出る。なぜ、こんなことになったのか──。

 9月以降の成績は10勝25敗8分。勝負所で勝ち抜くのが昨年までの原巨人の真骨頂だったが、その面影は見られず、Bクラス転落を防ぐのが精一杯だった。

 巨人OBは原監督の今季の戦いぶりをどう見ただろうか。第2次長嶋政権で一軍打撃コーチ、2012年から2015年までDeNAの監督を務めた中畑清氏も首をかしげる。

「辰ちゃんは間違いなく名将です。勝つためには私情を挟まず非情になれる。対戦した際に、1点のために4番の(阿部)慎之助に送りバントを命じた時は驚いた。

 ただ、今年は“なんで?”と感じることが多かったね。最初は桑田(真澄)を投手チーフコーチ補佐に就任させた時。昨年までリーグ連覇でスタッフ同士の関係も、選手とのコミュニケーションもうまくいっていたのに。シーズン中にコーチの入れ替えがあるたびに“なんで”って。8月の中田翔のトレードも疑問だった。こうした“モヤモヤ”がチーム内でも積み重なって、プレーにも影響を与えたのかもしれない」

 今季の原監督の采配で批判が集中したのは9月から始めた先発投手の中4日、5日起用だった。「今年の巨人は信頼できる先発投手が足りず、首位争いで接戦を落とさないためには短い間隔で登板させるしかなかった」(巨人番)

 だが、先発が相次いで打ち込まれ、本拠地最終戦でかろうじてエース菅野智之が勝ち星を挙げたが、46年ぶりの22戦連続先発投手白星なしという不名誉な記録になった。

 V9戦士の黒江透修氏はチームの雰囲気の重さを口にする。

「選手から気持ちが見えてこなかった。野手は坂本(勇人)がまとめていたけど、投手の起用法について原監督やコーチに進言してもよかったんじゃないか。ただ、原監督がシーズン途中から“こんなチームではどうしようもない”という気持ちになっていたようだから、選手にもそういう覚悟が芽生えなかったのだろう」

※週刊ポスト2021年11月12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン