• TOP
  • 芸能
  • 細木数子さんが語った「天国と地獄」 10億円の借金と波乱万丈の人生

芸能

2021.11.10 18:00  NEWSポストセブン

細木数子さんが語った「天国と地獄」 10億円の借金と波乱万丈の人生

83歳で亡くなった細木数子さん(時事通信フォト)

83歳で亡くなった細木数子さん(時事通信フォト)

「六星占術」で一斉を風靡した細木数子さんが11月8日に亡くなっていたことがわかった。10日に養女のかおりさんがインスタグラムを更新し、「母・細木数子が呼吸不全で8日に満83歳で永眠しました」と報告した。

「細木数子の六星占術 あなたの運命」シリーズの発行部数は、2017年に累計1億冊を超えるなど大ベストセラーになった。テレビ出演でも「アンタ、地獄に堕ちるよ」の言葉で注目を集め、軒並み好視聴率を記録した。

 一見、怖いものなしに見えた細木さんだが、実は、本人も「地獄を見ていた」という。いったい、細木数子さんが巻き込まれた地獄とはなんだったのか。週刊ポスト2005年5月13日号掲載のインタビューを元に再構成してお届けする。

17歳から水商売。男に騙されて…

──人生を振り返って、一番辛かった時期はいつ頃でしょうか。

「32歳(1970年)の時だね。男に騙されて、気づいたら10億を超える借金。詐欺師だったんだよ、そいつが。しょうがないよ、だってアタシも天狗になってたんだから」

──それが地獄?

「そう、生き地獄だね。それまでのアタシは天国だよ。17歳で水商売の世界に入ったけど、商才があったんだね、10代からオーナーママで、バーやクラブ、ディスコを何軒も仕切った。若くて美人で小股の切れ上がったいいオンナだったから、そりゃあ引く手あまただったわね。でも頭の中は『儲けたい』、『偉くなりたい』、そればっかり。これじゃあうまくいくわけないわね。しかも世間知らず、社会オンチときた。色と欲に溺れて、騙されるのも当然だよ」

〈8人兄弟の四女として生を受けた細木さんは、17歳から水商売の世界に入る。わずか3か月で破局した結婚生活などもあったが、業績は右肩上がり。人生そのものが右肩上がりであった。だがその絶頂期に騙され、当時で10億円超の借金を抱え込んだ。〉

──いったいどんな「地獄絵図」だったんでしょう。

「税務署がいちばん怖かったね。税金が払えないから、クラブのソファーから何から何まで、赤紙を貼られるんだ。容赦なし。差し押さえだよ。ホステスも客も、逃げ出すわね。それでもあがいてあがいて、知り合いや闇金融から随分借りた。自分はやれるとたか括ってたんだね」

──でもどうしようもない。

「そうなったとき、アタシには『逃げる』と『死ぬ』という選択肢しか残っていなかった。でも周囲に迷惑をかけてるから逃げるに逃げられない。迷惑かけっぱなしは納得できなかった。死ぬ勇気もない。しかたないから、青山の路地裏の四畳半のアパートを借りて、そこで生活したよ。カップラーメンをすすりながら」

──何をしていたんですか。

「することなんてないよ。ドアの前では『張り番』といってね、ヤクザが交代で見張り。店も取り上げられたから仕事もない。昔馴染みの上客がたまに小遣いをくれてね。それで何とか食いつないでた。ひがな一日やることがないから、占いの勉強をしてたよ」

 細木さんが「六星占術」の研究を始めたのはこの頃だ。それまで占いなど信じてはいなかったが、「地獄の底」で、「自分を知る必要がある」と占いの研究書や中国の古典を紐解き始めた。

関連記事

トピックス