芸能

小泉今日子とYOUもBTS沼に落ちた! 韓流に無関心でもいきなりハマる人急増

BTSのメンバーたち(Getty Images)

BTS沼に落ちる人が増えている(写真/Getty Images)

《だから私は、完全に“オルペン”になっちゃったんですね》、《“黄金マンネ”と呼ばれているウリ・ジョングク》、《ですから“クオズ”のおふたり、わかりますよ》、《アーミーってすごくない!?って常々感謝しております》

 いまや世界の人々は2種類に分けられる。この暗号のような会話に首を傾げる人と、深くうなずく人だ。

 冒頭の会話を交わすのは小泉今日子(55才)とYOU(57才)。音楽ストリーミングサービス「Spotify」で8月から配信されている『小泉今日子とYOUのK-POP PARTY』というラジオ番組の1コマだ。

 2人が真剣に語り合っているのは、韓国出身の男性グループ「BTS」について。「オルペン」とは、「オール(全員の)ペン(ファン)」の略で、“メンバー全員が好き”という意味。「黄金マンネ」は“最強のマンネ(末っ子)”、「ウリ・ジョングク」の“ウリ”は、韓国語で「私たちの」という意味で、「(BTSメンバーの)ジョングクは、私たちの家族」という意味合いだ。

「クオズ」は「95(クオ)年」生まれのメンバー、JIMINとVのコンビを指す。そして「アーミー(ARMY)」とは、BTSのファンたちのことを示している。

 ためらいなくファン用語を使いこなす2人だが、デビュー当時からの古参ファンというわけではない。

 韓流ブームにまるで無関心だったYOUは、3年ほど前に友人と娘の影響でBTSのファンになった。そして昨年、大ヒット曲『Dynamite』のパフォーマンスをYouTubeで見た小泉が“沼に落ちた”という。

《“ファン”になること自体が私の人生の中で初めての経験》

 トップアイドルとして時代を築いてきた小泉だが、まさかこの年齢で、自分がアイドルのファンになるとは思っていなかったようだ。

 いま、彼女たちのように、いきなり熱狂的なBTSファンになる人たちが急増している。半年前にアーミーになった会社員の浅岡茉莉子さん(仮名、37才)が笑顔で語る。

「BTSというグループが存在することは知っていましたが、『よくいるK-POPグループの1つ』程度にしか思っていませんでした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン