芸能

小泉今日子とYOUもBTS沼に落ちた! 韓流に無関心でもいきなりハマる人急増

 ですが、BTS好きの友人から1年がかりで“布教”され、だんだんメンバーの顔を覚え始めて、彼らが登場する『花様年華』という漫画を読んだことで、本格的にハマりました。新規ファンなので、コロナ禍のいまは動画を見ることしかできませんが、いつか必ずコンサートに行きたいと思っています」

 BTSを知ってはいるものの特別関心は持っていなかった人が、コロナ禍に発売された『Dynamite』によってハマったケースも多い。

 フィギュアスケートの羽生結弦選手(26才)は、過去のインタビューでこう語っている。

《テレビで『Dynamite』を観た時に、この余裕感や姿勢などが特にショートのためには勉強になるのではないかと思い、“完コピ”しようと思って聴き始めました》《『ほかにもかっこいいものはないかな』と思って見つけたのが『DNA』で、まだ踊れないのですが、踊れるようになりたいなと思っています》『KISS & CRYシリーズVol.39』(東京ニュース通信社)

 世界のトップアスリートですら憧れるBTSの勢いは、アジアだけに収まらない。昨年には、アメリカの音楽ヒットチャート「ビルボード」で、アジア圏出身のポップアーティストとして初の1位を獲得し、世界最高峰の音楽の祭典である米グラミー賞で2部門にノミネートされた。

「アメリカでもBTSは、大大大人気です」

 そう語るのは、ニューヨーク在住の文筆家・佐久間裕美子さん。

「アメリカでは、ラジオで曲がかかることがレコードセールスの必須条件といわれてきました。BTSは、アメリカのアーティストに比べてラジオ局のサポートを得ていないハンデがありながら驚異的なセールスを叩き出している。

 アジアのグループが、メジャーシーンでこれほど本格的に売れ続けるのは史上初。最近は、BTSがチャートトップを独占しまくるため、彼らのことは別格の存在とし、『いまは2位でも1位みたいなものだ』という言葉も聞かれるほど 」(佐久間さん)

 BTSは、アメリカの音楽シーンに多大な影響を与えるほどに、大人気なのだ。

※女性セブン2021年11月25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト