ビジネス

中古車高騰に販売業者「儲かっちゃいないよ、なんでも高くなってるんだ」

フランス北部オネンにあるトヨタの工場。工員がヤリスクロスのチェックをしている(イメージ、AFP=時事)

フランス北部オネンにあるトヨタの工場。工員がヤリスクロスのチェックをしている(イメージ、AFP=時事)

「まあ、10万キロ超えた15年落ちの不人気車なら乗り出し30万でもあるけど、みんなどんな車でもいいってわけにはいかないからね。用途も好みもあるから難しいんだよ」

 確かに、不人気どころか無人気の型落ちセダンなら車種によっては安いだろうが、みなミニバンが欲しい、RVが欲しい、軽でなきゃだめと最低限のこだわりは当然ある。この地域では比較的駐車場も安く持ち家率も高いだろうが、都市部なら置き場所の問題やそれに伴うサイズもある。

「新車も結局それだよ。たとえばトヨタなら来年1月に届くのもあれば半年待ちもある。でもすぐ買えるからって気に入らない車を何百万も出して買わないよね」

 ディーラーや仕様によって前後するがハイブリッド車に限ればクラウンやヴェルファイア、プリウス(PHV除く)なら来年1月くらい、ヤリスクロスやハリアー、プラドなどは半年待ちと幅がある。反面、ライズはZグレード以外なら「年内納車も可能」とのことで、大トヨタですら半導体不足による生産の混乱が続いている。その他もおおむね3ヶ月待ちといったところか。

「新車買える人ばかりじゃないし、さっきの電話もそういう人だよ」

 都会では金が無かったら車なんか買う必要はないが、田舎は金が無くても車が必要になる。ここが都市部との大きな違いで、じゃあ1時間に数本の電車で、1日何便来るかわからないバスでとはいかない。例えば山梨県の75歳以上の返納率は11.9%と全国ワースト2位(警察庁『令和2年版運転免許統計』)、高齢者のほとんどは80歳になろうと90歳になろうと運転する。むしろ足腰が弱るからこそ運転せざるを得ない。高齢者でも現役で働いているとか年金で新車を買えるほど恵まれている人ならともかく、収入の少ない高齢者を中心に安い中古で済ませようという層は一定数いる。田舎は金が掛からないなんて幻想だ。

「それにガソリンも(価格が)上がってるでしょ? だからハイブリッド車も人気が集中して、(業者の)オークションでも高いんだよ」

 ガソリン価格も高騰しているが、この地域はとくに高くレギュラーにもかかわらず1リットル170円を超えている(11月上旬時点)。ハイブリッド車の中古は駆動用バッテリーが劣化するので高くつく場合がある。だからそれほどの人気にはならなかったのだが、原油高でハイブリッド人気がじわじわと上がっている。

「海なし県は高いんだよ、輸送コストがかかるからね。だからハイブリッド車、それと軽だ」

関連キーワード

関連記事

トピックス