国内

小室眞子さん圭さん夫妻 NY到着後、初の週末にカジュアルな装いでデート

30年間皇族として過ごしてきた眞子さんはいまは小室姓

渡米後初の週末、2人で出かけた小室圭さん・眞子さん

 秋篠宮家の長女・小室眞子さん(30才)と夫・小室圭さん(30才)が、米ニューヨークで仲睦まじくデートする姿を『女性セブン』がキャッチした。

 結婚後、11月14日よりニューヨークでの生活をスタートさせた2人。新居は、ニューヨーク・マンハッタンの中心部からやや西に位置する「ヘルズ・キッチン」地区にある高級マンション。家賃はワンベッドルームでも月40万円という高級物件だ。

「フローリングは寄木細工の模様で家電は備えつけです。住民用のジム、ヨガスタジオが完備され、27階建ての屋上にはニューヨークの景色を一望できるスカイデッキもある」(ニューヨークの不動産事情に明るい関係者)
 
 2人がこの新居から外出したのは、渡米後、初めて迎えた週末のことだった。
 
 ややオーバーサイズのアウターを着る眞子さんは、ボトムは太めのデニムで裾を大きく折り返している。小室さんはグレーのフリースにデニム、足元はカジュアルなスリッポンを合わせていた。2人は時折、笑みを浮かべながら街を散策していた。渡米前は周囲をがっちりガードしていた大勢の警護もいなかった。
 
 小室さんは、渡米2日後の夜には、現地のパブで仲間たちと乾杯する姿が目撃された。勤務先の法律事務所から徒歩5分ほどの距離にあるパブ。手ぶらでやってきた小室さんは先に入店していた同僚6人ほどと合流した。居合わせた客が語る。
 
「仲間とのちょっとした飲み会といった感じで、みんないい雰囲気だったね。小室さんはリラックスした感じで、満面の笑みを浮かべていたよ」

 この会合は20分ほどでお開きになったという。

 小室さんは米国ニューヨーク州の司法試験で不合格だったため、勤務先の法律事務所では法務助手(ロー・クラーク)として勤め、年収は600万円前後になると報じられている。今後は2月の試験での合格を目指しながら、眞子さんがそれを支える生活となる。

 本日25日発売の『女性セブン』は、2人のデートの詳細や、今後の生活への金銭的な課題、さらにはニューヨークの日本総領事館と日本のテレビメディアとの間で結ばれた協定などについてグラビアと特集記事と合わせて全6ページにわたって詳報している。

関連キーワード

関連記事

トピックス