芸能

清野菜名の『ハンオシ』 逃げ恥メソッドを踏襲するアッパレな戦略

清野菜名

清野菜名の魅力が発揮されたドラマ

 一方、朝ドラで菅波先生の相手役・百音を演じたのは清原果耶さんでした。その女優オーラにちょっと自分を重ねられなかった視聴者も、こう言っては失礼だけれど清野菜名さん演じる明葉にはリアリティを感じてほっと一安心。

 スッピンに近い薄化粧で髪ぼさぼさの寝起き顔、仕事に熱中する他はちょっとずぼらで部屋も雑然としている。細かいことは気にしないタイプでいちいち男性に裏声を出したりシナを作ったりしない……とくれば、仕事に忙しい女性たちのリアルにかなり近く、感情移入しやすい視聴者も多いのではないでしょうか。

 百瀬を演じる坂口健太郎さん、そして明葉役の清野菜名さん共に配役の妙。

「試しにそのうるさい口、黙らせてみましょうか」と百瀬にささやかれキスしそうになったり、百瀬のネクタイぎゅっと引っ張ってキスとなれば少女漫画的王道路線を邁進しています。

 胸キュンラブコメの「型」を活用しながら、しかし持続的効果的に使うには、常に点検や補修に気を配らねばならないはず。だから路線を維持することは、実はクリエイティブな行為とも言える。

 TBS火曜日ラブコメのキャスティングに注目してみると……『逃げるは恥だが役に立つ』の新垣結衣×星野源、『恋はつづくよどこまでも』の上白石萌音× 佐藤健、『私の家政夫ナギサさん』の多部未華子×大森南朋、そして今回の清野菜名×坂口健太郎。

 それぞれ独自テイストのパワフルな配役です。「胸キュン」を保ちつつも全然違うテイストのカップルによって、それぞれドラマ世界の味わいを出していく工夫は巧者であり評価されるべき点ではないでしょうか。

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン