ビジネス

エディー・バウアー撤退 「純然たるアメカジブランド」が不振に陥った本当の理由

GAPはエディー・バウアーの二の舞になるか

 いま、日本で残っているアメカジブランドではGAPがありますが、やはり価格戦略で迷走し、苦戦が続いています。

元祖ファストファツションの雄、GAPは復活できるか

元祖ファストファッションの雄、GAPも日本市場で苦戦が続く

 上陸からずっとGAPの定価設定は高く、シーズンによっても異なりますが、ジーンズが7900円~1万円台前半でした。これが在庫処分になると990円~2900円にまで値下がりするのですから、定価自体に信用がなくなるのは当たり前です。そして、そうした大幅値下げが常態化していました。

 GAPはようやく重い腰を上げて、2020年秋冬から定価設定の引き下げ、セールを常態化しないことを宣言しました。一例を挙げるとジーンズの定価は3990円~4990円となりましたが、コロナ禍によって売れ行きが鈍ったのか、セールの変革はすでに店頭では頓挫しており、引き下げた定価をさらに割引販売するという新たなセールの常態化が出現しています。

 GAPの苦戦についても、定価設定への不信感に加えて、やはりアメカジテイストが国内市場では受け入れられにくくなっているのではないかと個人的には見ています。

 ユニクロはアメカジテイストをベースにした部分はありますが、現在は「ユニクロU」や「+J」と言ったデザイナーズコラボラインで目先の変化を付けているばかりでなく、ビジカジラインやスポーツ系を増やしています。

 ジーユーもデザイナーコラボのほか、国内トレンドファッションをメインにしつつメンズビジカジラインもあり、国内では無敵を誇る2ブランドともにアメカジ色はメインの潮流ではありません。

 一方でアメカジを得意としてきたジーンズ専門店チェーン各社はコロナ禍前から苦戦に陥っています。価格面も含めてユニクロやジーユーとの競争に負けたという部分もあるでしょうが、やはり、「純然たるアメカジテイスト」が受け入れられなくなったのでしょう。

 エディー・バウアーは心機一転、遠からず再上陸するのではないかという噂が業界内にあります。もし、再上陸するのであれば、高価格・高機能な本格的アウトドアブランドにシフトする必要があるでしょう。ブランド価値を再構築できなければ、再び上陸したところで同じ結果が待っていると思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン