ビジネス

エディー・バウアー撤退 「純然たるアメカジブランド」が不振に陥った本当の理由

12月末まで「完全閉店SALE」が行われているエディー・バウアー

12月末まで「完全閉店SALE」が行われているエディー・バウアー

 米国カジュアル衣料大手の「エディー・バウアー」が今年12月末で日本から全店撤退することが発表された。現在、店舗やオンラインストアで開催されている「完全閉店SALE」は、すべての商品が値引き対象となっているため多くの買い物客で賑わっているが、いったい敗因は何だったのか──。ファッションジャーナリストの南充浩氏がレポートする。

 * * *
「エディー・バウアー」日本撤退の理由を端的にまとめるなら、売上高の不振によるものです。

 いまや外資系ブランドの不振・撤退は見慣れたものとなりましたが、特に近年は「オールドネイビー」や「アメリカンイーグルアウトフィッターズ」の撤退、「アバクロンビー&フィッチ」や「GAP」の不振といったように、米国のカジュアルブランドの苦戦が目立ちます。

業績不振はコロナ禍と関係ない

 日本でエディー・バウアーを運営していたエディー・バウアージャパン社は、本国直営というわけではなく、住商オットー(ドイツのカタログ通販大手オットー社が51%、住友商事が49%を出資する合弁会社)が70%、米エディー・バウアー社30%の出資比率で1993年に設立されました。

 その後、2008年に住商オットーが合弁を解消し、ドイツ資本100%となるなど紆余曲折があり、そのドイツ企業からの資金援助を打ち切られたために撤退するのでは?と報道されています。もっとも、アメリカ本国でもエディー・バウアーは2009年に一度経営破綻していますから、日本国内に限らず、米国本国でも不振だったといえるでしょう。

 日本国内の業績は長年鳴かず飛ばずの状態が続いており、東京商工リサーチによると2017年2月期の売上高は115億円ながら当期損失5800万円とわずかながら赤字に転落しています。

 その後も業績はほぼ横ばいから微増で推移し、黒字転換したこともありましたが、2020年2月期は売上高115億円、当期損失は5億5400万円、コロナ禍に見舞われた2021年2月期の売上高は90億円にまで減少しています。

 2020年3月以降は世界中がコロナ禍に見舞われたため、売上高減少は仕方のない側面もありますが、2020年2月期(2019年3月~2020年2月まで)はコロナ禍が本格化しておらず、まだインバウンド需要も旺盛だったため、その状況を考えると業績は低迷続きだったと言わざるを得ません。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン