芸能

M-1決勝進出は関東コンビが躍進 大阪吉本マンゲキ勢の逆襲はあるか

9組のファイナリストと敗者復活組を加えた10組が結晶を戦う(M-1グランプリ2021公式サイトより)

9組のファイナリストと敗者復活組を加えた10組が決勝を戦う(M-1グランプリ2021公式サイトより)

 12月2日、漫才日本一を決める『M-1グランプリ2021』のファイナリスト9組が決まった。決勝の模様は、ABCテレビ・テレビ朝日系列で12月19日に生放送される。出場資格は“コンビ結成15年以内”。今年は過去最高の6017組の漫才師がエントリーし、決勝の舞台では9組のファイナリストに敗者復活組が加わった10組が火花を散らすこととなる。

 初の決勝進出となったのは「真空ジェシカ」、「モグライダー」、「ロングコートダディ」、「もも」、「ランジャタイ」の5組。そして過去に決勝進出経験のある「ゆにばーす」、「インディアンス」、「オズワルド」、「錦鯉」も選出された。アンタッチャブル(2004年優勝)以来のプロダクション人力舎所属ファイナリストとなる真空ジェシカ、ナイツ以来となるマセキ芸能社所属のモグライダー、そしてグレープカンパニー所属のランジャタイなど、今年は例年に比べ、関東の漫才師の躍進が目立つラインナップだ。

 過去に霜降り明星、ミルクボーイ、見取り図、からし蓮根、さや香など、多くの優勝者やファイナリストを輩出してきた大阪吉本の若手劇場である「よしもと漫才劇場」、通称マンゲキから選出されたのは、ロングコートダディとももの2組。準決勝進出25組のうち、マンゲキからは、さや香、ヘンダーソン、カベポスター、からし蓮根、見取り図、マユリカらが勝ち上がっていたが、いずれも敗退している。また元マンゲキの“劇場番長”だったアインシュタイン、劇場所属はしていないものの大阪吉本に所属する金属バットなど、実力派関西芸人も、決勝に駒を進めることができなかった。

 これまで、2018年優勝の霜降り明星、2019年優勝のミルクボーイと、マンゲキ所属芸人の躍進が続き、昨年は吉本興業(東京吉本)に所属するマヂカルラブリーが王者となったが、今年はマンゲキ勢の返り咲きはあるのか。「ファイナリストに選ばれたのは2組だけですが、十分期待できます」と語るのは、大阪の劇場に通う在阪ライターだ。

「ロングコートダディ(堂前透、兎)は関西の若手芸人のなかでも、“コントといえばロコディ”と言われるほどの実力派コンビです。今年は惜しくも『キングオブコント』(TBS系)の決勝に勝ち上がれませんでしたが、M-1決勝進出でその雪辱を果たせるか、期待が高まります。

 今年の単独ライブは東京と大阪で開催されましたが、どちらも大盛況でその人気の高さが伺えました。彼らのコントは独特の空気感と、堂前透のセンスが光る唯一無二のネタが魅力。また『堂前としか芸人をする気はない』と語る相方の兎も、自然体での“笑いの空気”を醸し出せる。そんな実力派コント師としての評価が高い2人がどんな漫才を見せるのか、注目して見てほしい。今回のM-1決勝では漫才師としての実力があらためて評価される舞台になるのではないでしょうか」(以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン