スポーツ

羽生結弦が不利となるルール変更をロシアが提案 浅田、荒川の恩師も後押し

(写真/Getty Images)

全日本選手権には出場なるか(写真/Getty Images)

 北京五輪の開幕まで、あと2か月を切った。多くの選手たちはこの時期から大会本番を見据えた調整に入るが、今後のスケジュールは見通せない状況だ。

 新たな変異株の影響で、大阪で12月9日から始まるはずだったフィギュアスケートのGPファイナルはあえなく中止。12月23〜26日には北京五輪の日本代表最終選考会を兼ねる全日本選手権が開催される予定だが、この大会への影響も避けられない状況になっている。

 政府の水際対策強化によって、羽生結弦(27才)と紀平梨花(19才)を指導するカナダのブライアン・オーサーコーチや、宇野昌磨(23才)を支えるスイスのステファン・ランビエルコーチら、外国人コーチが入国できないことも判明した。五輪出場を目指す選手たちが実力を存分に発揮できるかどうかが心配されるが、特に気がかりなのが羽生の動向だ。

「羽生選手は右足関節靱帯損傷のため、GPシリーズ第4戦のNHK杯と第6戦のロシア杯を欠場しました。全日本選手権にはエントリーしていますが、けががどんな状態なのかはわかっていません」(フィギュアスケート関係者)

 今シーズンの羽生の予定がまったく見えないなか、その陰で“ある動き”がスケート関係者をザワつかせている。

「ロシアスケート連盟が国際スケート連盟(ISU)に対して、フィギュアスケートの採点ルールの変更を提案しているそうです。その内容は大きく結果を左右する衝撃的なものですが、ISUは改正に前向きだと伝えられています」(別のフィギュアスケート関係者)

 まずは簡単にフィギュアスケートの採点法を復習したい。スケートの採点は、大きく「技術点」と「演技構成点」の2つからなっている。技術点はジャンプなど技の難易度に応じた「基礎点」と、技の出来栄えによって決まる「出来栄え点(GOE)」の合計で決まる。一方、「演技構成点」は「スケーティングスキル」「つなぎ」「パフォーマンス」「構成」「音楽の解釈」の5つの要素によって評価されるもので、「5コンポーネンツ」と称される。

「ロシアの提案は、『演技構成点』の変更で、この5つのうちの『つなぎ』と『音楽の解釈』の2つをなくし、評価の基準となる構成要素を3つに減らすというものです。演技構成点のなかでも、特にこの2つは演技の“芸術性”を担保する要素。もしこの案が採用されれば、フィギュアスケートの採点がより技の難易度を重視する方向に向かうことになる」(前出・フィギュアスケート関係者)

 例えば、トリノ五輪(2006年)で金メダルを獲得した荒川静香(39才)は、上体を大きく反らせた華麗なイナバウアーで名を馳せた。だが、イナバウアー自体に「技」としての得点はなく、「つなぎ」の要素として評価されていた。

 元フィギュアスケーターの渡部絵美さんが語る。

「フィギュアスケートという競技は、ただジャンプを跳べばいい、難しいスピンをすればいいというわけではなく、一つひとつの要素の間をどうつなぐか、曲に合った演技になっているかも重視されてきました。しかし、『つなぎ』と『音楽の解釈』の2要素を排除してしまったら、フィギュアスケートがただの“ジャンプ大会”になってしまいます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン