深夜に家から練習へ向かう羽生結弦

深夜に家から練習へ向かう羽生結弦(2021年11月)

「ISUは羽生選手が最初の金メダルを獲得した2014年のソチ五輪の後にもルール改正を行い、名前をコールされてからスタート位置に着くまでの時間を、それまでの60秒以内から30秒以内に短縮しました。羽生選手はルーティンを行ってきっちり46秒かけていたので、新ルールを聞いた瞬間、絶句したそうです。

 さらに2017~2018年シーズンまで『15点』だった4回転アクセルの基礎点が、羽生選手が挑戦を公言し始めた2020年になぜか2.5点も減点された。いずれも“王者へのいやがらせでは”と囁かれました」(前出・フィギュアスケート関係者)

 今回、ロシアが提案したという「演技構成点」から「つなぎ」と「音楽の解釈」を外すという改正案が、羽生に与えるマイナスの影響はそれ以上だ。

「羽生選手は要素のつなぎ方や曲の解釈を重視し、演技構成点をすごく考えたプログラムを組んでいます。それだけ体力を消耗する振り付けにもなっている。

 一方、ネイサン選手はつなぎが不充分で、難易度の高いジャンプの前は楽な振り付けになっている箇所がいくつもあります。これまでの採点でも、“羽生選手の演技構成はもっと評価されるべき”と感じてきました。もしルール改正が行われたら、羽生選手のよさ、フィギュアスケートのよさが失われてしまいかねません」(前出・スケート連盟関係者)

 ロシアはなぜこのような提案を行ったのだろうか。

「ロシアスケート連盟の顧問を務めているのは、かつて荒川選手や浅田選手のほか、世界の名だたる選手を指導し、“金メダルメーカー”と称されたタチアナ・タラソワさんです。彼女はISUに対しても大きな発言力を持っていますが、今回、彼女は演技構成点の構成要素を5から3に減らすことに賛成しています」(前出・フィギュアスケート関係者)

 現在、男子では羽生以外ではネイサンや宇野、鍵山優真(18才)が最有力だが、女子ではロシアの若手選手が次々に台頭し、トップ3を独占するなど圧倒的な力を誇っている。

「かつて、浅田真央選手に『恋をしてでも表現力を磨きなさい!』と指導するほど、表現力を重要視していたタラソワさんがこのような提案に賛成するとは、ジャンプに強いロシアの女子選手の優位性を確実なものにしなければいけないという焦りと、世代交代を促し、羽生選手に暗に引退を迫るものなのかもしれません。

 羽生選手の五輪出場が不透明ななか、フィギュアスケート界の未来に関しても不穏な動き。彼のモチベーションに大きな影響をもたらす可能性は否定できない」(前出・フィギュアスケート関係者)

 スケート界の“黒幕”ともいえる存在に逆境に立たされている羽生。ルール変更の協議は、五輪後の2022年の6月から行われる。

※女性セブン2022年1月1日号

2018年8月、カナダ・トロントで母親と鍼灸クリニックに向かう羽生

2018年8月、カナダ・トロントで母親と鍼灸クリニックに向かう羽生

2時まで練習をしていたという

2時まで練習をしていたという

場所はカナダ、練習を終えて出てきた羽生(2018年)

右足首の状態が懸念される

右足首の状態が懸念される

大きな荷物を引いていた

関連キーワード

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン