国内

ワクチン接種後に急死した30歳男性の遺族「原因はワクチンしか考えられない」

ワクチン接種語に死亡した人は1387人にのぼる

厚労省の発表ではワクチン接種語に死亡した人は1387人にのぼる

 12月3日に厚労省が公表した資料「新型コロナワクチン接種後に死亡として報告された事例の概要」によれば、ワクチン接種後の死亡例は1387件(評価済みは1368件)。内訳はファイザーが1331件、モデルナが56件だ。ただし、現在までワクチンとの因果関係が否定できないとする「α」(アルファ)の評価は0件となっている。そんななかで不信の念を訴えるのが、広島県東広島市在住の岡本裕二さん(63)だ。岡本さんは30歳の長男・裕之さんをモデルナ製ワクチンの2回目接種を終えた3日後(8月25日)に亡くしている。

 岡本さんが裕之さんに異変が起きた当時の様子を語る。

「2回目接種を終えた翌日(8月23日)に37℃ちょっとの発熱があったのですが、解熱剤で熱は下がったので、その翌日(8月24日)には会社に出勤して、いつも通りに働いていた。長男は車や電気関係のメンテナンスをする出張サービスの仕事をしていました。夜にはいつも通りに家に帰ってきて、普通に夕食を食べて、21時過ぎくらいに自室に入っていった。それが翌朝(8月25日)、7時を過ぎても起きてこないので、私の妻が『会社に遅れるよ』と部屋まで起こしにいったら、うつ伏せになって倒れていたんです」

 その朝、岡本さんは目の不自由な高齢の母親の介護をするためすぐ近くにある実家にいた。妻から連絡を受け、急いで自宅に戻るも裕之さんはすでに息を引き取っていた。

「妻から連絡があって、救急車よりも早く駆けつけました。しかし長男はもう体が冷たく、固くなっていて、死斑も出ていた。救急車が到着した時にはもう遅かったんです。長男は生前、酒もタバコもやらなかったし、毎日2kmくらいランニングをしていて、地元のサッカーチームにも入っていた。体は丈夫で、健康そのものでした。突然死の思い当たる原因としては、ワクチンしか考えられないんですよ。

 突然死だったので刑事事件のような扱いになり、遺体は警察で司法解剖されたのですが、『死因は不詳』とされました。司法解剖をしているわけだから、たとえば血栓ができていたり、血圧が上昇していたり、呼吸困難だったりしたら、今の医学だったら、ある程度は分かるはずでしょう。それなのに、『不詳』と書かれた紙きれ1枚を渡されただけです。私自身、地元の製薬関係の企業に勤めていますから、薬やワクチンなどに関する知識はある程度持っています。こんな回答で納得できるはずがありません」

 裕之さんが亡くなったあと、岡本さんは厚労省に自ら連絡を入れて評価を聞いた。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト