• TOP
  • 国内
  • 「パパ活」に依存する女性たち 金銭を介した交際のリスクと法的責任

国内

2021.12.16 16:00  週刊ポスト

「パパ活」に依存する女性たち 金銭を介した交際のリスクと法的責任

なぜパパ活をやめられなくなるのか(イメージ)

なぜパパ活をやめられなくなるのか(イメージ)

 1990年代半ばに登場した「援助交際」という言葉に取って代わり、2015年前後に使われるようになった「パパ活」。金銭を介した男女のお付き合いといった意味合いで捉えられることが多いが、当事者たちの声に耳を傾けると、「お金に困っている」というよりも“パパ”への強い依存があるように見える。ジャーナリストの河合桃子氏がレポートする。

(前後編の後編。前編は〈「パパ活」をやめられない女性たち お金に困っていないのに続ける理由〉

 * * *
 今年29歳のゆうかさん(仮名)も、香さんと同様に“30歳引退説”に焦っているという。白い肌でややぽっちゃり気味の風貌で、水卜麻美アナ似。いかにも人が良さそうなゆうかさんは「パパに恋愛依存してる」と口元を震わせた。

「28歳になった頃、もうパパ活は潮時だと感じていた時に今の彼と出会いました。“独身だから安心して”と言われ、最初はパパとして付き合っていました。

 当時、別のパパもいましたが、そのパパの奥さんに私の存在がバレて脅迫されたんです。急きょ、引っ越さなければならなくなり彼が部屋を用意してくれました。彼からは家賃とは別に毎月30万円の手当をもらいながら半ば同棲生活が始まり、どんどん彼を好きに……。でも、お金で割り切れたほうが楽でした。

 だって彼は実は既婚者だったことを隠してたんです。今はいずれ離婚するという言葉を信じて待ってます。私には、もう後がないって思ってます」

 ほんのひとときの“お小遣い稼ぎ”だと始めたパパ活が、いつの間にかやめられなくなっていることに気づく女性もいる。

 自身も10年ほど愛人経験があるパパ活コンサルタントの七瀬結氏によれば、昨今のパパ活女子は“パパ活をやめられなくなる仕組み”に苦しんでいるようにも見えるという。

「パパ活で“一緒にご飯を食べただけで何十万円もらった”なんてことはハッキリ言って一握りですが、パパ活女子のSNSにはそんな投稿が溢れています。これは実在する女の子による投稿ではない場合もあります。一部の交際クラブでは“パパ活で稼げる”と印象付けて女性登録数を増やそうと、パパ活女子になりすまして偽りの華やかな投稿をしているケースさえあるのです」

関連記事

トピックス