スポーツ

蛯名正義氏が回顧「何もしなくても圧勝だった」フジキセキのデビュー戦

フジキセキのデビュー戦は衝撃だったという

フジキセキのデビュー戦は衝撃だったという

 1987年の騎手デビューから34年間で通算2541勝を記録し、国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビジョー厩舎』から、今回はフジキセキなどサンデーサイレンス産の馬に騎乗した思い出についてお届けする。

 * * *
 社台グループがアメリカでGIを6勝したサンデーサイレンス(以下SS)を16億5000万円で購入、日本で種牡馬になり、多くの名馬を世に送り出したことで、競馬の世界地図は大きく塗り替えられました。

 SSの子供たちは1994年6月にデビュー。7月までにデビューした8頭のうち4頭が勝ち上がり、さらに2頭が7月末に行なわれた最初の重賞で1、2着。8月以降にデビューした馬も次々に勝っていきました。

 僕がSS産駒で初めてレースに出たのは8月20日。種牡馬として多くの活躍馬を出したフジキセキのデビュー戦です。

 関西の渡辺栄厩舎でしたが、この夏は新潟に滞在していたので依頼されました。渡辺先生からは「勝つとか負けるとかじゃなくて、1200mのレースだけどマイルの感じの競馬をしてきてくれ。最後流してきていいから」と。負けるなんて思っていない、ゆっくり行って最後スーッと伸ばせばそれで勝つから、という感じでした。

 フジキセキはゲートが速くなくて、トコトコトコって感じで出たのに、スーッと前に追いついちゃった。車でいえばアクセルを踏まなくてもいい、僕が何もしなくてもスピードが出ちゃう。それでいて一生懸命走ってる感じではなく、歩いているかのようなんです。2着馬に8馬身差の圧勝でした。衝撃というか気持ちがいいというか……ああ、こういう馬がクラシックを勝つんだろうなと思いました。

 フジキセキはこの後、オープンと暮れのGI朝日杯、翌年皐月賞トライアルの弥生賞と4連勝したところで屈腱炎を発症して引退。しかしSS産駒は皐月賞でジェニュイン、オークスでダンスパートナー、ダービーでタヤスツヨシが勝って、いきなり種牡馬リーディング1位となり、その座を亡くなった5年後の2007年まで譲りませんでした。

関連キーワード

関連記事

トピックス