スポーツ

元スノボ五輪代表・今井メロの現在 美容の専門学校で勉強中

2006年トリノ五輪で代表に選ばれた今井メロ(写真/共同通信社)

2006年トリノ五輪で代表に選ばれた今井メロ(写真/共同通信社)

「♪ガンガン ズンズン グイグイ 上昇~」。トリノ五輪前の会見で「メロラップ」を披露し、話題を攫ったのがスノーボード・ハーフパイプ代表の今井メロ(34)。2013年にはヘアヌード写真集を発売し、2017年にはAVデビューするなど引退後の印象も強いが、現在はシングルマザーとして育児に奮闘している。

「2010年に結婚し、長男を出産しましたが翌年に離婚。2012年に再婚し、長女が生まれましたが、こちらも1年ほどで離婚しました。2019年に3度目の結婚をしましたが、次男出産後に離婚しています。次男は夫が育てているため、今井さんは長男長女と3人で生活していました」(今井の知人)

 しかし、今井は長女とたびたび衝突するようになる。2020年12月、ブログで家出をして警察に保護されることもあったという長女を児童養護施設に預けることになったと明かし、〈一緒に暮らすのが円満とか 笑顔あふれる家庭とか それは理想論ですよね〉と、胸中を吐露。ブログには応援の声が寄せられた。

 現状について、今井を知る在阪トレーナーはこう語る。

「長女は今も児童養護施設に預けられていますが、今井自身はやはり葛藤を抱えているようです。

 現在は長男と2人で暮らし、バイトやスノボの指導で収入を得ながら美容の専門学校に通い始めた。エステやリラクゼーションの仕事に就くため勉強をしているようです」

 グイグイ再上昇を願うばかり。

※週刊ポスト2022年1月14・21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス