スポーツ

阿部慎之助でも桑田真澄でもない? 原監督の後継に浮上した意外な名前

監督候補に挙がる巨人の元四番(時事通信フォト)

監督候補に挙がる巨人の元四番(時事通信フォト)

 他に人材はいないのか。そこで、テレビ局のスポーツ担当者が「指導者として非常に評判が良い」と語るのが二岡智宏2軍監督だ。現役時代は右方向に伸びるスケールの大きな打撃と強肩を生かした大型遊撃手として活躍。故障で坂本勇人に定位置を奪われ、日本ハムにトレード移籍したが、2014年に引退後は独立リーグ・富山GRNサンダーバーズの監督のほか、巨人で2軍打撃コーチ、1軍打撃コーチ、3軍監督を歴任。そして来季から2軍監督を務める。

「2年連続2冠王に輝き、不動の4番として活躍する岡本和真は、大ブレークした2018年に打撃コーチとして指導した二岡さんの手腕が大きい。体の動かし方を言語化することに長け、教え方も丁寧で個々の選手の長所を引き出すのが巧い。クールなイメージがありますが熱血漢で、選手に対しても厳しさの中に愛情が感じられます。他球団の首脳陣の間でも『二岡はいい指導者になるよ』という声が非常に多い。原さんが勇退する数年後、二岡さんが監督になる可能性はあると思います」(前出のスポーツ担当者)

 二岡2軍監督は巨人ファンから根強い人気を誇る。原政権の時に日本ハムにトレード移籍したが、両者の間にわだかまりはない。2軍監督として研鑽を積み、「二岡監督」が誕生する日は来るか。

関連記事

トピックス