国内

江戸川区元交際相手刺殺事件“DV監禁男”にされた被害者の無念

亡くなった佐藤優作さん(2019年9月、写真は佐藤さんのインスタグラムより)

亡くなった佐藤優作さん(2019年9月、写真は佐藤さんのインスタグラムより)

「優しくて、責任感のあるやつだったんです。最近も相手のことで悩んでいて。まさかこんなことになるなんて……。何よりも、事件からもうすぐ2週間になるというのに、亡くなった優作が悪者にされ、いわれのない誹謗中傷を受け続けていることが、がまんできません」

 そう悔しそうに話すのは、佐藤優作さん(享年25)の中学時代からの友人である。佐藤さんが東京・江戸川区内の自宅アパートから「元交際相手に刺された」と自ら警察に通報したのは、1月9日の午後3時半頃のことだった。

「佐藤さんはすぐに病院に搬送されたものの、約7時間後に出血性ショックで死亡が確認されました。警察は現場にいた自称アルバイトの倉木璃子(19才・仮名)を現行犯逮捕。倉木は台所にあった刃渡り約15cmの包丁で、スマホをいじりながらベッドで横になっていた佐藤さんの腹を突然刺したといいます」(全国紙社会部記者)

 倉木は取り調べに対し「逃げたい一心で刺した」「怖かった」「彼と離れたかった」などと供述した。それが大きく報じられると、インターネットを中心に、被害者であるはずの佐藤さんに心ない言葉が向けられるようになった。

「倉木さんが佐藤さんからDVを受けていたのでは、監禁されていたのでは、といった憶測が独り歩きし、あたかも佐藤さんが〝加害者〟であるかのような風評が広がった」(前出・全国紙社会部記者)

 だが、生前の佐藤さんを知る人たちが証言するのは、正反対の姿だ。佐藤さんは青森県青森市出身。高校卒業後は、市内のバーや建設会社で働いていた。

「周りにはけんかっ早い人も少なくないけれど、彼自身は争いごとが嫌いなタイプ。弱い立場の人に寄り添えるやつでした」(前出・友人)

 バイクが好きで、休日に仲間たちとツーリングに行くのを楽しみにしていたという。

 一方、倉木も同じく青森市出身。地元で出会ったふたりは、昨年初頭に交際を開始した。4月頃、一緒に上京し、事件現場となったアパートで暮らし始めた。当時、佐藤さんは友人たちにこう話していた。

「彼女は東京に知り合いがいない。おれには彼女の生活拠点を東京に移した責任があるから、苦労させないように頑張って働かないといけないんだ」

 建設会社で働いていた佐藤さんの勤務態度は真面目で、周囲からも慕われていた。だが、ほどなくしてふたりの同棲生活は暗転する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン