芸能

沢田研二、写真集でトラブル ホームページから突然告知が消え、発売延期

2021年2月、妻と飲食店に出かける沢田

2021年2月、妻と飲食店に出かける沢田

 一世を風靡したバンド「ザ・タイガース」を1971年に解散後、ソロ活動を始めた沢田研二(73才)。センセーショナルな衣装を用意し彼の人気をサポートしたのが、盟友である画家だった。今春、伝説のショットを収めた写真集を彼が発売するというが、ファンは複雑な思いを抱えている。

 その告知がこつ然と消えたのは、昨年12月中旬のことだった。沢田研二のオフィシャルホームページから、写真集の発売に関する情報が、突然削除されたのだ。『JULIE by TAKEJI HAYAKAWA─早川タケジによる沢田研二』──当初は、2021年中に発売される予定だったこの書籍は、長年にわたり沢田の衣装やアートディレクションを担当し、画家としても注目を集める早川タケジ氏(74才)の作品をまとめたものだ。

 出版元の「株式会社スローガン」のホームページでは、仮予約が始まっているものの、「掲載内容とページ数の大幅な追加に伴い、発売日/価格の確定にもう少々お時間をいただかねばならない状況」と説明されている。1970年代から沢田を応援しつづけてきたという女性ファンは、困惑した表情で語る。

「昨年の秋にジュリーのホームページに告知が載ったときは、約20年ぶりの写真集発売に歓喜しました。でも、その後、告知が消えたことで私たちファンは騒然としています。いまに至るまでジュリーサイドからは何の説明もありません。このまま発売されないという最悪の事態まで想像してしまって……」

 ファンが待ち望むのも無理はない。早川氏は、スター・沢田研二の世界観を作り上げた唯一無二の人物だからだ。

 沢田は1967年に「ザ・タイガース」のボーカルとしてデビュー。1971年にバンドを解散すると、ソロ活動を始動した。その後、1973年に首にかけたファーを揺らしながら歌う『危険なふたり』で、初のオリコン1位を獲得。その衣装を手がけた人物こそ早川氏だった。この曲で沢田は幅広い年齢層の女性を虜にした。

 ドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年)では、樹木希林さん(享年75)が演じるおばあちゃんが沢田のポスターに向かって、「ジュリ〜!」と身をよじって叫ぶシーンも登場。このポスタービジュアルを手がけたのも早川氏だ。

 彼は一躍、スタイリストとしてカリスマ的存在に。沢田のほか、キャンディーズや山本リンダ(70才)、荻野目洋子(53才)など人気歌手のスタイリングを次々と担当した。

 沢田の衣装では、ラメやスパンコールのあしらわれたシースルーのコスチュームにドイツの軍服風の衣装を合わせた『サムライ』(1978年)や、電飾をちりばめたミリタリールックにパラシュートを背負った『TOKIO』(1980年)など、度肝を抜く衣装を考案。沢田の中性的なルックスと、早川氏の前衛的な衣装で作り出される世界観に多くの人が魅了された。

 過去には、沢田の写真も多く収録された作品集『Paradis,Paradis』も発売されているが、現在は絶版となっており、中古品の価格は10万円を超える。長年、ファンは彼らの作品を見たくても見ることができない状況だったのだ。

 さらに、今回の写真集には、別冊という形で早川氏が沢田との関係について綴った文章も収められるという。「沢田さんと早川さんは特別な信頼関係で結ばれていた」と語るのは、当時を知る関係者だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン