国内

名門国立高校進学が有力視される悠仁さま 優秀な同級生についていけるのか

2020年11月、秋篠宮さま55歳のお誕生日には悠仁さまに眞子さまが手を添え秋篠宮さまを囲んだ(写真/宮内庁提供)

2020年11月、秋篠宮さま55歳のお誕生日には悠仁さまに眞子さんが手を添え秋篠宮さまを囲んだ(写真/宮内庁提供)

「皇族は学習院で学ぶもの」という慣例に従わなかった以上、節目ごとに悠仁さまの進学先に注目が集まるのは仕方ない。悠仁さまは現在、お茶の水女子大学附属中学の3年生。附属高は女子校のため「受験」が必要なお立場だ。

 進学先として現在、有力視されているのは筑波大学附属高校(筑附高)だ。筑附高は、生徒の自主性や創造性を尊重する校風で、偏差値は78。昨年度は29名が東大に合格した、都内屈指の進学校。悠仁さまが通うお茶の水女子大学附属中学との間には「提携校進学制度」が存在し、両附属校の生徒の若干名が進学のタイミングで他方の学校に入学できる。

 昨年11月に父・川島辰彦氏(享年81)を亡くされた紀子さまは、服喪期間中にある。公務や年末年始の行事・儀式にお出ましになれなかった分、悠仁さまの“進学のバックアップ”に心を砕かれたという。紀子さまの援護はこれまでにも目立っていた。

 前述の「提携校進学制度」においては、単純な学力考査ではなく、書類審査と面接で評価される。

「書類審査の基準として考えられるのは内申点や、学内外での特筆すべき活動などでしょう」(進学塾関係者)

 その点、悠仁さまの中学3年間の実績は素晴らしい。

「悠仁さまは、中学校の入学式で、新入生代表の挨拶をされました。代表挨拶は、お茶の水中の長い歴史において初めてのものでした。それに合わせるように、校長による祝辞も十数年ぶりに行われた」(お茶の水関係者)

 当時、学校側は、100人以上の新入生の中から悠仁さまが選ばれた理由を「学業や人格的成長を総合的に判断した」としていた。

「特別研究員としてお茶の水大の学長とルートのあった紀子さまが懇願されて実現したとされています」(前出・お茶の水関係者)

 中学1年生の夏には、秋篠宮ご夫妻のブータン王国への私的ご旅行に、悠仁さまを帯同された。

「もちろん、外国の王族との交流の目的には、“将来の天皇”としての意識と見識の醸成もあったでしょう。一方、多様な価値観に触れることや異文化理解は、今後よりグローバル化を目指す中高での教育の大きなテーマです。単なる観光やバカンスではない海外旅行は、このうえないアドバンテージと言えます」(皇室記者)

 2021年には、福岡県北九州市が主催した作文コンクールで佳作に選ばれた。タイトルは『小笠原諸島を訪ねて』。旅行記で、小学生のときに紀子さまとプライベートで小笠原諸島を訪れたときの思い出、島の人たちとのその後の交流について書かれている。

「国内外で貴重な経験をするだけでなく、そこで得られた成果を発表することで表彰されるという実績を積めば、提携校進学制度を利用しても、“皇室特権”という批判への反証材料になります。悲願達成のため、計画的に悠仁さまの“箔づけ”が進められてきた。無事にゴールに到達できたことに、紀子さまは高笑いを抑えられないほどお喜びなのではといわれています」(前出・皇室記者)

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン