国内

コロナ、土砂災害の二重苦を克服できるか…逆境の観光地「熱海」の希望

熱海駅前。観光客の姿が戻ってきた

熱海駅前。観光客の姿が戻ってきた

「コロナと土砂災害で一気に人が減りました。ただ、花火大会のようなイベントがある日はお客さんも増えるんですよ。もっとイベントがあるといいけれど」──そう語るのは静岡県熱海市の地元タクシー運転手。観光地再生の途上を襲った新型コロナウイルス禍、人災の側面を持つ土砂災害と、たび重なる苦境に立たされた観光地、熱海の現在を取材した。

 国内有数の温泉街がある静岡県熱海市は、首都圏からも近い観光地として昭和初期より庶民に親しまれてきた。しかし平成に入って以降はバブル崩壊による景気の低迷や生活スタイルの変化による団体旅行の減少に伴い、観光客数が下降傾向へ。熱海駅の乗降客数は1980年前後に1日平均5〜6万人だったのに対し、2000年以降は1万人前後へと激減した。

 こうした状況を打開すべく、2006年に熱海市は「熱海市財政危機宣言」を発表(翌年、「熱海市財政再建スタート宣言」に名称変更)。行政が観光振興事業に注力するようになると、交通網の整備や熱海駅のリニューアルなどが功を奏し、観光客数は徐々に増加へと転じていく。2011年にはピーク時の半分の246万人だった観光客が、2015年には308万人へと20%以上も増加。2017年に観光庁が発行した観光白書の中で地方創生の先駆者として熱海市が取り上げられるなど、V字回復した活況は「熱海の奇跡」と呼ばれるまでになった。

 そんな矢先の2020年初め、コロナ禍が到来した。感染拡大を防ぐために旅行の自粛が叫ばれ、観光業に大きなダメージがもたらされた。さらに翌2021年7月には熱海駅から徒歩圏内にある伊豆山地区で大規模な土砂災害が発生。きっかけは豪雨だったが、土地開発における盛り土の杜撰な管理が甚大な被害へと繋がった。土石流に覆われた伊豆山地区は、現在も多くの道路が通行止めとなっており、半壊状態の建物がそのままの姿で点在しているなど、爪痕が残されたままだ。

熱海市内の土砂災害現場。復旧途上で、左端には犠牲を悼む祭壇が見える

市内の土砂災害現場。まだまだ復旧途上で、左端には犠牲を悼む祭壇が見える

復旧の道のりは長い

復旧の道のりは長い

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、最強ライバル引退でも「4Aに向かって一生懸命努力」と不屈の精神
女性セブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
NEWSポストセブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
ソフトバンクグループ・孫正義氏の命運を左右する「投資銘柄リスト」を検証
ソフトバンクグループ・孫正義氏の命運を左右する「投資銘柄リスト」を検証
マネーポストWEB