スポーツ

五輪3連覇を狙う羽生結弦を悩ませる「ワクチン問題」「膨大な待ち時間」

全員選手権(12月26日)で五輪出場を決めた羽生(写真/共同通信社)

全員選手権(2021年12月26日)で五輪出場を決めた羽生(写真/共同通信社)

 2月4日の開幕を前に、北京冬季五輪の準備が着々と進んでいる。フィギュアスケートの会場となる中国・北京市の首都体育館では、リンクの製氷作業が最終段階に入った。リンク中央、氷の下に五輪のオリンピックシンボルがクリアに透けて見えるが、3連覇を狙う羽生結弦(27才)の視界は決して良好とはいえない。

 昨年12月、羽生は右足のケガから復帰し、今季初戦となる全日本選手権に出場。4回転半ジャンプに公式戦で初めて挑戦し、両足着氷でダウングレードにはなったものの転倒することはなかった。復帰戦とは思えぬ演技で優勝し、五輪への出場権を獲得した。だが、その代償は小さくなかった。

「4回転半は羽生選手が痛めている右足首への負担が非常に大きいジャンプなので、彼の右足は悲鳴をあげています。日本スケート連盟の公式ツイッターで、羽生選手は“正月返上で4回転半の習得に励む”としていましたが、正月はリンクに立たず静養に努めていたようです。五輪までに回復するのか、心配する声も上がっています」(フィギュアスケート関係者)

 不安は古傷ばかりではない。北京五輪はコロナ禍のもとでの開催になる。これまで中国は「ゼロ・コロナ」を掲げ、徹底した隔離政策でコロナの封じ込めに力を入れてきた。だが、感染力の強いオミクロン株が世界的に猛威を振るい始めると、中国の状況も一変する。昨年12月末以降、複数の都市で市中感染が確認され、ロックダウンが始まっている。1月8日には、北京市に隣接する天津市でも市中感染が明らかになった。

「15日にはとうとう北京市内でもオミクロン株の感染者が見つかりました。17日には、中国本土在住者に限って販売予定だった観戦チケットを、一般販売せず、一部の招待客に限定することを発表。学校などの団体客のみに販売することが考えられています」(中国在住ジャーナリスト)

 羽生ら選手たちは、競技に集中しながら、感染対策にも気を配らなければならない。懸念材料はそれだけではない。ワクチン接種に伴う、負担の大きさだ。

「北京五輪の規則集である『プレーブック』には、選手は北京入りする14日前までにワクチンの接種を完了しておくことが必要、との記載があります。未接種者は北京到着後に、21日間もの集中的隔離が義務づけられています。もちろんその間、練習はできません。

 ワクチンの義務化はアスリートによってはセンシティブな問題。副反応だけでなく、持病のある選手にとっては接種そのものへの不安も大きい。医学的な理由により接種の免除を申請できますが、必ず通るかはわかりません。選手はナイーブにならざるを得ないのです」(スポーツジャーナリスト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン