芸能

神田沙也加さん 未発表音源で夢見ていた聖子との関係修復の未来?

神田沙也加さんが遺していた音源

神田沙也加さんが遺していた未発表音源がある

 神田沙也加さん(享年35)が天国に旅立ってから1か月あまり。彼女のSNSには、別れを惜しむファンのコメントがいまだに寄せられている。

《前を向かなければいけないんだろうけど、、、あの歌声が忘れられないし、毎日聴いてます》
《透き通る歌声と笑顔忘れません……》

 沙也加さんの歌声を収めたアルバムを多くの人が買い求め、在庫切れになるCDショップもあるという。もうこの世にいない彼女の姿を、過去の歌声を頼りに思い浮かべるしかないファンたち。そんななか、芸能関係者の間で発売が期待されている、未発表の音源が存在する。

「『アスノヨゾラ哨戒班』という一曲です。昨年5月に発売されたアルバム『MUSICALOID #38 Act.3』に収録される予定でしたが、調整がつかず見送りに。レコーディングも済んでいて、軽やかで涼しげな歌声が披露されています。彼女が亡くなってしまったいま、“幻の音源”になっています」(芸能関係者)

 沙也加さんは、2018年から「ボーカロイド」のカバーアルバムを3作リリースしている。ボーカロイドとは、人間の声をモデルに作られた“機械の歌声”のこと。多くの音楽制作者が、作詞作曲した楽曲をボーカロイドに歌わせ、YouTubeなどの動画共有サービスを中心に発表している。アニメやコミックとの親和性が高く、特に若者世代に人気のジャンル。声優になることを夢見ていた沙也加さんだからこそ実現したものだ。

「沙也加さんがカバーした原曲も、もともとはYouTubeで人気に火がつきました。その曲が収録予定だったアルバムのラインナップは、ファン投票に加え、沙也加さん本人の選曲で決定しました。当然この曲も入る予定だったのですが……」(前出・芸能関係者)

 軽快なメロディーながら、歌詞には葛藤と苦悩が浮かぶ。そのメッセージ性に、「沙也加さんの境遇が重なる」とは音楽関係者だ。神田正輝(71才)と松田聖子(59才)の間に生まれた沙也加さんには、好奇の視線がついてまわった。

「聖子さんの離婚、再婚もあって転校を繰り返し、周囲と普通の友人関係も築けない。どんなにもがき苦しんでも、自力では宿命から逃れられない沙也加さんの気持ちを代弁しているように思えてなりません」(前出・音楽関係者)

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン