芸能

菅田将暉の両親が初告白 天才役者を育てた「家族の哲学」

菅田将暉の両親が語った家庭の秘密

菅田将暉の両親が語った家庭の哲学とは

 主演するドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)の見逃し配信が、民放全ドラマの歴代最多となる424万再生を突破するなど、圧倒的な人気を誇る菅田将暉(28)。昨年は『花束みたいな恋をした』を始め5本の映画の出演し、今年も主演映画『百花』(9月公開予定)が控えている。私生活では女優の小松菜奈(25)と結婚して話題を呼ぶなど、「芸能界は菅田を中心に回っている」(スポーツ紙デスク)と言われるほどの黄金期に、菅田にまつわる一冊の貴重な書籍が発売された。

『3兄弟のあしあと』(辰巳出版、2021年11月刊)がそれだ。著者は菅生好身(すごう・よしみ)さん。菅田の母親である。好身さんは東京や大阪でエステサロンを経営し、子育てに関する相談や夫婦問題のカウンセリング、講演会などを行なう一般社団法人ライフバランス協会代表理事を務める。そんな好身さんが綴った同書は、菅田を含む個性豊かな3兄弟をいかにして育てたか、母親と父親の役割とは何か、子育ての試練やその対処法を母親の目線で解説しつつ、子育て中の親へのエールを贈る一冊となっている。

 家族から見た菅田の素顔、幼少時のエピソードから独立、そして結婚まで、好身さんと父親の菅生新(あらた)さんが独占インタビューに応じた。【前後編の前編】

 * * *
好身:私は美容の仕事もしていますが、お客様は子育て世代の主婦の方たちが多く、相談を受けることが多かったんです。それで、自分の体験をお伝えできればと思い、このたび一冊の書籍にさせていただきました。

新:我が家の子育てについて、ここまで詳細に明かしたのは初めてだね。

好身:何しろうちは男の子3人兄弟だったから、大変でした。思えば最初は「長男(将暉)はできたけど次男はできない」とか比較をしてしまうことあったし、怒ってばかりの母親だったんです。でも私があまりにも厳しくしていたからか、いつしか子供たちに笑顔がなくなってきたのを感じて……。それである日「怒らないキャンペーン」を始めたら、一家の空気が変わったんですよね。あれが我が家のターニングポイントだった気がします。

新:結局、負荷をかけたらダメなんですよね。学力が高い子供って、基本的に親が「勉強せい」って言わないもので、うちも自分で考えて選ぶ『選択力』を大切にしたんです。とくに長男は小学校の頃まではフワッとしていたけど、中学1年くらいから理論派になった。自分で考えて、理屈で理解するようになりましたね。なぜ勉強するのか? 将来の選択肢を増やすためなんだな、と。実際、勉強は言われなくてもよくしていたもんね。

好身:「将来は数学の先生」になりたいって言っていたくらい、理系の科目はすごく良く出来ましたね。定期テストで全教科85点以上取ったら携帯電話を買ってあげると約束したら、しっかり達成してきたことも。

新:それ僕が言い出したらしいんやけど、すっかり忘れてしまって(笑)。

好身:主人、言ったことを忘れてしまうことがあるんです。「そんなの知らんで」と言われてガッカリしていた。そいうった主人の理不尽さを見てきたからか、社会に出てからも困らなかったみたい(苦笑)。本人も「子供の頃からお父さんの理不尽さを見ているから、仕事で納得いかない対応をされても大したことない」と言っていました。

新:長男はいつだったか、「僕にとって父より理解できない生物はこの世にいない」なんて言っていたからね。でも本当に忍耐強い子には育ちました。

好身:芸能界で生き抜いたのも、そういう素地があったからかもしれませんね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン