菅田(菅生)家の面々

菅田(菅生)家の面々

「お風呂で止めどなく涙が出てきたことも」

新:元々テレビっ子でしたけど、芸能界に入りたいなんて思ってなかった。成長してちょっといい顔になってきて、街中に行くとスカウトされる。友達の中で自分だけ声がかかったりすると、その気になってしまってね。それで事務所の推薦状を持ってオーディションにも行ったけど、落ちてしまう。でも落とされると悔しくなるわけ。有名事務所の大規模なオーディションでは、応募者6万5000人以上の中から31人の最終オーディションまで来たけど、やはり落選。それでもチャレンジし続けたもんね。

好身:それに「縁」も大きかった。最後にジュノン・スーパーボーイ・コンテストを受けてダメだったら諦めようってことになってたんです。そこでファイナリストに選ばれて、たまたまいまの事務所に所属が決まって、たまたま16歳で『仮面ライダーW』(2009年)の主演が決まって。もし歯車が違っていたら、今頃数学の先生になっていたかもしれません。当時は芸能活動と並行して、大学入学を目指していましたから。

新:仮面ライダーも決まったら決まったで、本当に大変でしたからね。あの作品で上京したんですが、何にもわかんなくて。関西弁しか喋れない。標準語がまず喋れなかった。演技の前の話ですよ。仮面ライダーは登竜門というけど、そこで埋もれる役者も多いし、長男も何度辞めて大阪に帰ろうと思ったか分からない。

好身:ダブル主演だった桐山漣君に随分と助けてもらいましたね。当時は大泉学園で桐山漣君の向かいのマンションに住んでいた。桐山君は料理ができるから、しょっちゅうご飯を食べさせてもらって、標準語も教えてもらった。

新:彼に助けてもらえなかったら、倒れていたかもしれません。深夜に撮影が終わって、翌朝早くにスタート。ほとんど寝ていません。しかも身長の伸び盛りの時だったので、睡眠不足は体にも堪えたでしょうね。172センチくらいで東京に来て、それから5センチは伸びたけど、あの1年をしっかり睡眠取れていたら、さらにあと5センチは伸びたはず。

好身:「つらい」って素直に弱音をこぼすこともあって。いつだったか私、お風呂に入っていたら、止めどなく涙が出てきたことがありました。母親って子供が身体の一部なので、半身もぎ取られた感じでした。上京したてのころ、長男は熱をしょっちゅう出していたので、その度に東京に行っていました。都内に自宅があれば、帰って来れたり友人と発散できたりするんでしょうけどね。地方から芸能界に出て行くのは想像以上に大変だったと思います。

新:長男が東京に出てしまって、次男が繰り上がって長男のようになる。だから次男もすごくしっかりした。いままではどうしても兄がいたら、兄の存在に甘えて、自分は好きなことをしてたらいいやんって部分がありましたから。

好身:もともと下の子たちは長男をずっと慕っていましたからね。うちは3人とも自宅出産だったので、下の子たちが生まれてくる瞬間を長男は見ていたので、弟たちがとにかく「愛しい可愛い」なんです。次男をお風呂で産んでいる瞬間を撮影したビデオを見ると、次男が出てきた瞬間、長男は「かわいいー!」と叫んでいた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト