スポーツ

蛯名正義氏 乗った瞬間「これは走るな!」と実感した名馬を振り返る

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビジョー厩舎』から、フェノーメノ、イスラボニータら、乗ってわかる「いい馬」についてお届けする。

 * * *
 フェノーメノ、イスラボニータはどちらも社台グループの一口クラブの所属馬でGIを勝ってくれました。クラブのパーティーなどで会員さんとお話しする機会があった頃、どんな馬を選べばいいのか訊かれることがありましたが、見て「いい馬」はいっぱいいます(笑)。

 特に社台グループの馬は血統も一流で、見栄えも顔つきもいい。でも募集の時期には、どの馬もまだ人を乗せたことがないわけです。乗ったら「ああ走りそうだな」と感じることがあるんですけど、「いい走りを見せて競馬でいい成績をあげるのがいい馬です」。これぐらいしか言えなくてすみません(笑)。

 ステイゴールド産駒のフェノーメノにはダービートライアルの青葉賞から乗るようになりました。初めて乗った時、キレるというより、長くいい脚を使うタイプだと感じました。

 青葉賞は2着に2馬身半差をつける強い競馬でダービーに向かいました。勝ったことがなかったので(笑)、自信があるかと訊かれると困ったのですが、いい競馬をするとは思っていました。青葉賞より時計を2秒近く詰めましたがハナ差2着。勝ったのは青葉賞の前までこの馬に乗っていた岩田康誠騎手のディープブリランテでした。

 秋はセントライト記念を勝ちますが、菊花賞ではなく天皇賞(秋)に向かってこれもエイシンフラッシュの2着。古馬相手なので立派な成績ですが、いまでも菊花賞に行ったら勝ったんじゃないかなあと思うことがあります。あくまで結果論ですけど、4歳、5歳と天皇賞(春)を連覇するわけですから(笑)。

 折り合いも難しくなくて、ゆったり自分のリズムで走れる馬なので、とても組み立てやすかった。

 僕はどちらかと言えば長い距離の方が好きです。自分の中でいろいろ考えながら、いかにスタミナを残して走り切るかを考えて乗ることができる。相手の流れやペースを見て自分から動くこともできるし、前半で位置取りなどを失敗しても挽回できる。自分では自覚していませんでしたが、トータルでも長い距離の方が結果を出しているみたいです。その割には長距離の騎乗依頼が少ないなと思いましたけど(笑)。

 フジキセキ産駒のイスラボニータにはデビュー戦から乗りました。乗った瞬間の印象は強烈で「ああ、これは走るな!」。

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン