国内

着こなし、装飾品、色使い…上皇后美智子さまに学ぶ「本物の上品さ」

サイパン島をご訪問された2005年、先端が黒の靴を履かれた

サイパン島をご訪問したた2005年、先端が黒の靴を履かれた(写真/雑誌協会代表取材)

 令和の御代がわりから、もうすぐ丸3年。いまもなお変わらぬ輝きを放つ上皇后美智子さまの「上品さ」の源はいったいどこにあるのか。美智子さまの「着こなしや身につけられた品々」を拝見すると、「洗練された大人の女性」へのヒントが見えてきた──。

「シンプル&チラ見え」が輝かせる上品さ

 ファッション評論家・石原裕子さんは「シンプル」と「チラ見え」を美智子さまの上品さのキーワードとして挙げる。

「美智子さまは華美になりすぎることのないように、光沢のある布づかいやアクセサリーなどの小物を上手にお使いになって上品な装いにされています。涙形のパールのイヤリングがお気に入りで、シンプルな装いの中のアクセントになっています」(石原さん・以下同)

 アクセサリーひとつで印象は大きく変わる。「大人の女性はシンプルなものを選ぶのがおすすめ」と石原さんは言う。

●2005年6月 サイパン島ご訪問

ブレスレットをされていた

エレガントにブレスレットをされていた(写真/雑誌協会代表取材)

「左手に時計、右手にブレスレットという、美智子さまの鉄板コーデ。手首ぴったりサイズのバングルがお好みです。お手振りのときにチラッとのぞき、エレガントさが演出されています。針金のような細さが辛口です。

 シャネルによく見られる、先端が黒に切り替わっている靴。履き口はベージュで足の延長のように見えるので、足が長く見える効果もあります」

●2017年1月 葉山御用邸ご滞在

葉山御用邸にご滞在されたときのコーデ

葉山御用邸に滞在されたときのコーデ(撮影/黒石あみ)

 上皇さまとお揃いのニットの手袋、大きなポケットのジャケット、黒のスニーカーでカジュアルさを演出。

「カジュアルな中でも襟元に見える『とき鴇色(桜色より濃く、桃色より薄い色)』のスカーフがはっとするほど美しく、女性らしさがグッと増しています。甘辛のメリハリをつけた上品な装いには脱帽です」

襟元もお美しい

襟元もお美しい(撮影/黒石あみ)

“控えめカラー”で周りを立てる

「美智子さまのファッションは基本、辛口。ですが、美しい色をチラ見えさせ、甘辛のメリハリをつけています」

 退位礼正殿の儀でお召しになったドレスは、その“集大成”といえるほどの美しさを放っていた。

「それ以降はグレーなどの落ち着いた色が増え、いまの両陛下に席を譲られたということを、服装でも表されているのではないでしょうか」

 そうした「お心遣い」は、海外のご訪問時にも。

「ご訪問先のお相手への配慮がとにかく細やか。コサージュや帽子に訪問国の国旗の色をあしらった花をつけるなど、随所に工夫が見られます」

 では、美智子さまのような上品な装いのポイントとは。

「肌をあまり露出しないこと、インパクトの強い柄ものなどはおすすめできません。シンプルなものを組み合わせ、イヤリングなどの小物で変化をつければ気品も生まれるでしょう。美智子さまのようなラウンドや四角い襟元ならすっきり装えます。細い帯締めのようなベルトを選べば、上品になると思いますよ」

●2017年4月 春の園遊会

園遊会では和装で

園遊会では和装で(写真/雑誌協会代表取材)

 茶室の壁をイメージさせるような白茶色から淡い藤色へのぼかしの和服をお召しに。

「美智子さまは微妙なお色目をお召しになることが多く、まるで一幅の絵のようになるほどに色を抑えられています。控えめな藤色の帯留めがアクセントになっていますね」

●2019年4月 退位礼正殿の儀

退位礼正殿の儀ではドレッシーに(写真/共同通信社)

退位礼正殿の儀では美しいドレス姿(写真/共同通信社)

「退位の際のドレスは、美智子さまのファッションのよさが随所に見られる本当に美しいものでした。天女の羽衣のようなストール、銀から白のグラデーション、ため息が出るような素晴らしさです」

●2019年4月 皇居周辺をご散策

千鳥格子のジャケットを着られた

千鳥格子のジャケットをお召しに(撮影/横田紋子)

 腕を組まれて歩き、仲睦まじいご様子が伝わってくるおふたり。

「トップスとパンツはシルクトリコット。千鳥格子のジャケットには四角いバックルのベルトをなさり、上皇さまのブルゾンとともに素敵なカジュアルを楽しんでいらっしゃいます」

 さらに訪問相手に合わせた「心遣いファッション」も特徴だ。

●2016年1月 フィリピン・マニラでの晩餐会

フィリピンの晩餐会では光沢あるお召し物だった

フィリピンの晩餐会では光沢あるお召し物だった(写真/AFLO)

 光沢のある白から黄色、ひわ色(黄色の強いもえぎ色)のぼかしが美しいドレスをお召しに。

「背景に飾られた蘭の花に合わせて、胸元には蘭のコサージュをご選択。お隣のアキノ大統領の白い服とのバランスもお見事。お持ちのシャンパンの色まで考慮されたかのような繊細なお心遣いです」

【プロフィール】
石原裕子/皇室をはじめ、装いに幅広い知識を持つファッション評論家。美智子さまなど女性皇族方の、お務めの内容や歴史的背景も考慮した解説に定評がある。

※女性セブン2022年2月17・24日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン