国内

詐欺被害者が情報交換する場で再び騙される人が出てしまう構図について

同じ被害を訴える人たちと語り合えるSNSは救いになるのか?(イメージ)

同じ被害を訴える人たちと語り合えるSNSは救いになるのか?(イメージ)

 犯罪を何度も実行する人は、基本的に最初に手を染めた型の犯行を繰り返す傾向がある。とくにその特徴が強くあらわれるのは詐欺なのだが、詐欺の場合は被害者が数年後に似たような詐欺被害に遭う逆の繰り返しもたびたび起きてきた。最近では、その被害のインターバルが極端に短くなっているのではと疑われる事例が出ている。ライターの森鷹久氏が、ネットで被害者の集いが可視化されたために、騙す者と騙された者、取り返したい人や儲けたい人が入り乱れる被害者LINEグループの混乱を追った。

 * * *
 警察庁が公表しているデータによれば、特殊詐欺の認知件数、被害額ともに近年は減少傾向にある。発表資料をみると被害額は過去最高となった2014年の565.5億円から2020年には約半減したとはいえ、依然として高い水準で発生しており、深刻な情勢だといえるが、取材を通じてある傾向も浮き彫りになってきた。

 これまで特殊詐欺について取材を続けてきたなかで、最近特に顕著だと感じているのは、繰り返し被害に遭う詐欺の被害者が多いことだ。この現象は決して偶然ではない。騙している側の動向を探ると、詐欺被害者をあえて狙っていることがわかる。

 たとえば、オレオレ詐欺に使用される名簿の中には「すでに騙された人」のリストが存在している。一度騙された被害者に「金を取り戻す」などと言って近寄り、新たな詐欺を働きかけるのだ。一度も騙された経験がない人よりも騙しやすい傾向があるためで、詐欺師連中は詐欺被害経験者を「鉄板」と呼び、たやすいターゲットだと軽んじている。

 そしていま、名簿を取り寄せずとも、被害者リストを入手できる場所がある。名簿は被害者をピックアップする作業が必要になるが、そこは被害に遭った人がみずから参集してくれるところだ。

馬鹿だと分かっていてもLINEグループをやめられない

「年末年始もずっとLINEグループの投稿を、目を皿のようにして読み込んでいました。馬鹿だとは分かっていますが、やめられないんですよ」

 千葉県香取市在住、自営業の山本太さん(仮名・50代)は一昨年、知人から「仮想通貨」に出資すれば大儲けできると勧誘を受けた。知人は「すでに3000万円以上儲かった」と豪語していて、FacebookなどのSNSに、その派手なライフスタイルを見せつけるように画像や動画を数多くアップしていた。山本さんもそれを真に受け、預貯金の300万円と、新たに借入をした100万円の計400万円を数回に分けて「確実な出資先」だと知人から紹介された男性に現金で手渡した。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン